FC2ブログ

4月体験搭乗合宿day3

   ブログ担当を一回さぼった二年になった十川です。

   11日の担当なのですが、その前日に行ったジュニアの機体整備について話します。東大ジュニア、もともとよく壊r……手のかかる子なんですが、最近どうも看過できないくらいにギアの不調が起こり、OBや教官方の助けを借りて本腰を入れて調査と相成りました。
   症状としては、ハードランディングするとギアから異音がなって転がり方がおかしくなる、ハードランディングってほどでなくとも軸方向に力がかかると壊れる、ついには何もなくても数回着陸しただけでお釈迦になるということで、幾度となく我らがジュニアは格納庫のお世話になったわけであります(ハウトレないからどのみち格納庫住まいじゃんという反論はごもっとも)。とりあえずバラして組み立てると一時的には直るので様子を見ていましたが、どうもこれはなんとなくで直るようなものではないぞ、という雰囲気。バラすと、本来キッチリ嵌っていなければならないはずのスナップリングが外れて、中のベアリングが軸方向にカポカポ動いてしまう次第。

   中に入っているテーパーローラーベアリングの向きがどうの、消耗品の交換がどうの、プレロードがどうのといろいろと案は出るものの、どうも決め手に欠ける。ポーランドの製造会社に問い合わせたり同じジュニアを持っている長野の整備士に聞いてみたりとするうえで細々とした改善点は見つかるものの、やはり原因ではない気がする。
分解したギアを囲んであーでもないこーでもないと話しておりましたが、はたしてこのスナップリングは本当にきっちり嵌っているのか?という話になり、外れたときに削れたアルミのバリが内側に入り込んで嵌るのを阻害しているのではないか、という話に。とりあえずスナップリングをはめて、マニキュアで見えてる部分をマーキングして、どれくらい深くまで入っているのか確かめてみたらあら大変、コンマ数ミリしか入っていないときた。
   焼き入れ処理済み鋼製平頭代用インサート式切削工具、またの名をマイナスドライバーでバリを掘り出して嵌り具合を確かめてみましたがやはり嵌りが浅い。
   これはどうしたことか。

   「そもそも大きさが合ってないんじゃないですかねぇ?」なんて突拍子もないことを言い出したのは誰だったか。航空機は高い工業力を要求される精密機械、最低でも0.1mm、大事なところではもっと細かいオーダーが出てくる精度の世界でまさかそんな……
   そんなまさかでした。スナップリングは厚さ1.7mm。ノギスを溝に突っ込んで出てきた値は1.3mm。1円玉も満足に入りやしません。えぇ……?
   とりあえず1円玉をゴリゴリ入れてみるもアルミ合金と純アルミなので【自主規制】。
   そういえば全然関係ないんですが、ぜんっぜん関係ないんですが、ミズーリの洞窟のお土産屋さんにペニーとクォーター入れてハンドルを回すとペニーを型付きのローラーで潰して楕円形の記念コインに加工してくれるお土産マシンがありました。たしか合法であるという旨の張り紙があったと思うのですがどうして合法だったか忘れてしまいました。日本でも温泉街とか水族館に似たやつありますよね。名前とか刻印できる奴じゃなくて、楕円形で微妙に湾曲してる方です。いやほんと、全然関係ないんですが。
   何はともあれなんとかするしかありません。何とかするしかないのですが如何せん道具がない。そういうわけで白羽の矢が立ったのは先ほども登場した焼き入れ済み(中略)マイナスドライバー。オフセットラチェットにセットされたマイナスビットが火を噴きます。アルミというのはとにかく粘ちっこい金属でして、腹立たしい塩梅に柔らかく、嫌な感じにバリが残ります。多分(教官によると)6061だと思いますがとにかく上手く削るのが難しい。7075とかじゃなくてよかった。なんか調べてて気づいたんですが、ジュラルミン(2017)と超ジュラルミン(2024)は英語表記duraluminなんですが、超超ジュラルミン(7075)は7075 alminium alloyなんですね。なんでだろ。ふらいとしゅみれーた、じぇらるみん、りらくぜーしょん!
   ともかく、変な具合に力を入れてしまって不細工な凸凹加工跡(どうでもいいんですが同じ原理を使って黒板に点線書くのめっちゃ上手い人たまにいますよね)を作っては消し作っては消しを繰り返し、なんとか0.4mmを削り出しました。ちょうどホイールの壁の部分なので肉厚十分にあったので強度は十分かと。さて結果は?

これが綺麗に嵌るんですわ。どうしてこうなっていたかは不明。

ま、直ったんでいいんじゃないですか?

二日ほど飛ばしてみましたが、某先輩の(きっときっと有り難くもジュニアのギアのテストをするためにわざと敢行してくれたのであろう)ちょっぴりラフな着陸にもびくともしませんでした。直ったかな?

そうそう、この文章書いててふっと思い出したんですが、ジュニアのギアの車軸のストッパーと、主翼のオートコネクトのロッキングラグ、構造が全く一緒なんですよね。肉厚パイプを角棒のラグが貫通している。設計者さん、「おっ、ここ同じ構造にできて同じ設備使える!天才!」とか考えたんだろうなぁ、とか思うとほっこりしますよね。

11日担当なのに10日の事ばかり話してたら怒られるかもしれないので11日の出来事を話すと、体験搭乗会で6人の参加がありました。皆さんどうもありがとうございます。帰りに高崎線の人身事故でまさかの秩父鉄道経由 突発振り替え輸送の旅となりましたが。あと夕飯は堤の家で回鍋肉作って食いました。瀬地山先生が信念上の理由で使えないCookDo。味はまぁまぁ。あとキャベツの代わりに入れた白菜が水分を出して途中微妙な感じになったんですが、水分飛ばしたらいい感じになりました。かつて夏に部でそうめんを茹でた際はダイニーマを錬成したらしいですが、コロナがどうにかなったら宿舎の厨房でなんか作りたいですね。

ではでは……
スポンサーサイト



4月体験搭乗合宿day1,2

2015卒の森本です。
4月体験搭乗合宿day1,2のブログを6年ぶりに執筆させていただきます。

本合宿の目玉、新入生の体験搭乗です。
day1:9人、day2:7人の新入生が体験搭乗会に来てくれました。
iOS の画像 (1)


また同時に訓練フライトも行っており、たくさんの成果が得られたので報告させていただきます。

day1
3年小川 C賞獲得
Capture_210410_145924_20210410_211611.png


day2
3年淺野 事実上の銅章
IMG_4563.jpg

IMG_4569.jpg

3年小川 見極め合格
IMG_4533.jpg

佐志田教官 指定養成実技教官任用試験合格
IMG_4555.jpg

東教官 久しぶりのLS8
IMG_4549.jpg

森本 久しぶりのW24
IMG_4541.jpg

3年高山 公道チェック
no photo

2年後藤 300日記念
IMG_4546.jpg

また店網様(59年卒)からお守りをいただきました。
IMG_4568.jpg

犬とのおたわむれ
iOS の画像-2

4月体験搭乗会day0

2年になった堤です。最近パソコンのNキーとMキーの反応が鈍くて四苦八苦しながら書いています。
今日は体験搭乗会の準備でした。遂に新入生が航空部に...! ワクワクです...!
今日は3月に銅賞を獲得した松島さんによるめでてぇがありました。たこ焼き!たこ焼き!たこ焼き!たこ焼き!たこ焼き! 牛丼(並)
たこやき
頭が悪い感じの夕食でした。明日から野菜とフルーツを補給していきます...

3月23日訓練

1年の堤です。
今日運用した機体は、ASK21が2機、東大Jr、東大24でした。
久しぶりの東大24!あまり見る機会が無いので、逃さず写真を撮りました。

本日は朝から晴れ!午後にピスチェンを挟みましたが、条件が良く、滞空する機体もありました。

2年山田がASK21で2時間滞空!めでてぇ!
月下に回る山田先輩↓
my

あと、3年赤川が入所審査に合格しました。
個人的には良い写真が取れたので良い日でした。

12月合宿Day3

初めまして、1年の佐藤です。
本日の天気は少し雲があったがおおむね晴れで、午前中は穏やかな風であったが午後には風が強くなったり背風になったりと荒れた天気でした。
また今日は指定養成組みは午前は東教官、大山教官とのオーラルをしていたためランウェイに出てフライトは行っておらず、午後に実技をする予定であったが先も言ったように午後は条件が悪く指定養成は明日に回されました。またそれにつられて加藤先輩は21のばらしができる人がいないという理由で明日飛ばないにも関わらず延泊を要請されていて世知辛いですね(笑)

本日の訓練では目立った成果はなかったが、運営面ではピストでの働きがすごく都立大との合同にも関わらず東大の発航数は40となっていました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
リンク
このブログをリンクに追加する
バナー
『この大空に、翼をひろげて』たった一つの青春がここに― 風戸依瑠Ver