fc2ブログ

全国大会最終日

とうとう4年生も3月まで来てしまい、寂しくなっている4年の淺野です。

全国大会最終日は残念ながら、競技中止となりました。
よって、競技の結果は団体3位、個人5位(3年小川)となりました。

【個人】
優勝  法政  本田  3157点
準優勝 青山  畠   2640点
3位  慶應  矢島  2135点
4位  早稲田 伊藤  1918点
5位  東大  小川  1755点
6位  早稲田 田中  1687点
(途中略)
10位 松島 1491点
14位 淺野 1117点
18位 柴田 219点

【団体】
優勝  慶應  5256点
準優勝 法政  5154点
3位  東大  4582点
4位  青山  4146点
5位  早稲田 3605点
6位  明治  2685点

参加チームで唯一競技日全日得点をあげることができました。また、チームメンバー全員得点をすることができました。
強豪チームを相手に同じ空を舞台に全力で戦えたことは、かけがえのない経験となりました。普段とはちがうグライダースポーツの楽しさを味わった1週間でした。

ここからは私のお気に入り写真集です。と言いましても、全国大会最終日の翌日に私のあいふぉん8様がリンゴ病にかかり、お亡くなりになりましたので、各所からかき集めました。

寝てる選手とクルー
選手ミー前の暇な時間に撮影しました。この意味の分からないノリが好きで、この部活を4年間続けていた気がします。

統一感のない選手
見てるところも個性もばらばら。柴田にも3年生の2人にもずっと支えられっぱなしでした。いいチームだなあと。
ちなみに、1年生からかぶり続けていた青い帽子、他大のように色あせるのをひそかに楽しみにしてたんですが、あまり変わりませんでした。どうして...靴は何足もつぶれていったのに...

俺たちは選手
白つなぎも赤いウインブレも着ない系の地味な東大だけど、これは映え。

task complete
ここまでグライダーを通して出会った皆様、ありがとうございました。Task finished.

淺野



スポンサーサイト



全国大会DAY5

全国大会…ブログ書く??
ってことに急になりまして、選手4人とクルーで分配することに。
クルー6人のうち、どの4人が書くか。ここは公平にあみだくじに委ねられました。
というわけで…
2022031620395483a.png

この4名となりました。
本日Day5の割り振りは山本です!

20220316204323e9c.jpg

…そうなんです。クルーと宿当途中で交代しようねって言ってたんですけど、イケメン山本の「せんぱぁい、楽しんできてくださいよ!」に甘えて僕が一日中クルー、山本が一日中宿当となったのでした。ありがとう、山本。

というわけで全国大会Day5のブログは私4年赤川がお送りします。
ちなみに…
20220316204856b88.jpg

結局高山も書かされてますね。イッケメーン。こんな数の😍初めて見ました。

さて、気を取り直して。

3年ぶりの開催となる全国大会。競い合うのは見知った同期と後輩たち。そこに自分が参戦できなかったのは非常に残念ですが、クルーとして応援できて幸せでした。
Day3はリト、Day4はウインチだったためあんまり選手とは会えなかったのですが、Day5は東大専属のクルーとしてやっと選手サイドで観戦できました。

競技は青学の攻めに攻めた衝撃的な周回からスタートしました。千代田も給水塔も下限ギリギリの640mでクリア、あっという間に帰ってきました。
ざわめく地上。後を追った小川は余裕を持って千代田をクリアしたものの給水塔には届かず。かなり悔しそうでした。

その後は小川に代わり松島と淺野がトライ。しかしなかなか得点には至りません。

ちょっと選手の中に暗い空気が漂ってまいりました。

僕は爆音で音楽をかけながらほっともっとへ離脱。最近ほっともっとに行くと店員さんに「いつもありがとうございます(最大限の笑顔)(深いお辞儀)」と言われるので、なんだかVIPになった気分を味わえます。
この日は全額ポイントでステーキ丼をいただきました。ほっともっとだろうがなんだろうがステーキはうまい。
さらに森本教官からジュースとお菓子、いつも写真でお世話になっている立命館OBの上河さんからマドレーヌをいただき、豪華なお昼ごはんとなりました。選手たちの顔にも少し明るさが戻ってきました。

そして飛び立った淺野がタイミングよく条件を掴みました。他機も増え混んでいる中うまくサーマルを乗り移りつつ高度を上げていきます!!もうね、地上から見てるとヒヤッヒヤです。セパレーションが。他の選手たちも「あれちょっとやばくね?」とか言ってました。なんとかセーフだったみたいで何より。

そしてついに!!淺野の声で「千代田間もなくクリア」の無線が!!沸き立つ東大陣営。今か今かとクリア無線を待ちわびます。
………あれ?淺野こっち戻ってきてない?クリアしたのかな?
ピストに行って書記の人に聞いてみると「すいません、聞き逃しました」えー、、、どっちなんだ……。
他大の選手から「クリアしてたよ!」と教えてもらえました。よかったよかった。
その後給水塔もクリア!高度650m!淺野にしてはなかなか攻めてますね。その後ゴールし、淺野今大会初周回です!!(2回目)
20220316214921b15.jpg

おかえり淺野〜〜
東大が旗持ってくなんて珍しいんじゃないかな。僕が見てなかっただけですかね。
降りてきた淺野も渾身のガッツポーズ。喜びを爆発させてました。
やっぱ同期の周回は嬉しいですね。立ち会えてほんとに良かったです。

その後は松島、柴田がトライするもののその日はもう条件が出ず。終了となりました。

この日は淺野が3位となり、総合では東大が団体で慶應、法政に続き3位。個人では小川が5位となりました。かなり良い成績ではないでしょうか。

やっぱ大会はいいですね。先輩後輩の垣根を超えて選手同士で作戦を立て、情報を集め、そして仲間を信じて待つ。あるべき姿です。
全国大会でなくても良いから、僕もそういうのやってみたかったです。今となっては叶わぬ願いです。

あと、忘れちゃいけないのが山田たち運営委員の存在です。選手やクルーが余計なことを気にせず大会できるのは、一重に彼らのおかげです。ありがとう、お疲れさまでした。

おそらくこれが僕にとっては最後のブログですね。
4年間、同期がめっちゃ減ったり、コロナで指定養成がのびのびになったり、いつの間にか後輩に追い抜かれてたり、色々ありました。でも、好きじゃないけど無理やり続けた中高の部活と違い、最初から最後までグライダーのことは好きでした。せっかく取ったライセンス、どうせなら使い倒したいところです。

まあ色々言ってますけどどうせあと2年はウインチマンとして妻沼に馳せ参じる予定なので、後輩たちが全国大会優勝するところも淺野教官が爆誕するところも見られるでしょう(笑)

それではまた。



p.s.
そういえばこの日は名古屋大学から観戦に来ていた名大航空部の双子と会いました。前はね…似てたんですけどね…。今は一目瞭然ですね。あっちの方が20kg重いです。
20220316214936838.jpg

全国大会DAY4

こんにちは!1年の大牟禮です。

全国大会の競技4日目、3/10にクルーとして大会に参加させていただきました。
抗原検査で陰性であることを確認した後、妻沼に向かいました。
この日の朝は、第一ランウェイの北側の発航点まで歩くことから始まりました。(ちょっと遠い)
全国大会 day5 (1)
当日は快晴で菜の花も咲いており、春の訪れを感じさせる朝でした。
歩いている途中、法政大学の長谷川さんの好意でピックアップしてもらいつつ到着!!(長谷川さん、ありがとうございました!)
到着後は、競技開始まで時間があり、のんびりしてました。

そうこうしているうちに、10:30より発航開始となりました。
一発目は小川さんです。
FNc6azNagAEeWPQ (1)

小川さん再チャレンジです。
FNdCFM0agAAx3WV (1)


この後、4発目で小川さんが周回達成しました!

松島さんが後に続きます。
FNdfHO2aQAExjew.jpg
見事周回を達成しました!

また、この日は、立命館OB・OGの方々から差し入れをいただきました!とってもおいしかったです!本当にありがとうございました!
FNdZs-XagAI_X-z.jpg


続きを読む »

全国大会DAY3

どうも。3年小川です。6大戦の全日程統合の超手抜きシンプルなブログ以来ですね。
day2までの経過としては、初日に3年松島が周回、day2に4年淺野がワンポイントしていて、団体としては東大は1位で迎えました。
そんなday3。ボソッと言ったデイスリーが何故かブルースリーに聞こえたようです。
IMG_A518F108E8C1-1.jpeg
アチョー!私はブルースリーについてこれくらいしか知りません。後で十川がスマホいじってるのもいい味出してますね。
day3は好条件が予想されていましたが、10時半の発航開始時にはまだ薄く雲が広がっていました。
ただ、序盤から滞空する機体もあったため、私小川も1番手として、ポイントを取るべく出発!
IMG_58E99BB82390-1.jpeg
したのですが、セパレーションにびびったりしているうちに低くなっていき、すぐに帰ってきてしまいした...
続いては松島が出発!
IMG_447D817D20DC-1.jpeg
しかし、なかなかサーマルをうまく掴めず、無念のランディング。その後は再び小川に交代しました。
そんな間に慶應、立教、法政は千代田をクリアして、焦りは募ります。

2発目は赤岩の機体を避けて水門の方に向かうも沈下に叩かれ5分で帰還...
他機は滞空中で地上の機体は少なく、すぐに3発目に臨みました。
IMG_5134CC35B394-1.jpeg
今度は前回の反省を生かし、赤岩を目指すと小学校上空でサーマルにヒット。その後田の字方面に伸ばして高度を稼ぎ、840mで千代田をクリア!
田の字、サントリー、赤屋根と繋いでいくも徐々に下がっていってしまい、やば...とも思いましたが、水門に寄せたところ、強いサーマルにヒット。ピスト横で900m以上まで上げ、そのまま給水塔800でクリア、200km/h以上の爆速でファイナルグライドをして、45分のタイムで周回達成しました!
かなりぶっ飛ばしましたが、ちゃんとブログに書いても大丈夫なスピードしか出してません。GPS確認したら230km/hくらいでした。着陸すると、東大の旗を持った選手、クルーに出迎えられとても嬉しかったです。

そんな余韻に浸る間もなく、好条件を逃すまいと続いて淺野さんが出発!
うまくサーマルを捉え、30分というデイリーに迫るタイムで周回しゴール!
しかし、GPSの提出時に確認したところ、途中下限高度を下回っていたとして得点なしという非常に悔しい結果となってしまいました。

14時前には、続いて柴田さんが出発!
小学校、田の字手前と繋ぎ、710mで千代田をクリア!
しかし、14時半ごろから条件が萎み始め、旋回点をクリアする機体も少なくなってきました。
そんな中、赤屋根近くで粘りを見せ続けましたが、700m以上に上がるのが難しく、なかなか給水塔に向かうことができません。
どうやら柴田さんの飛行の様子はオンライン上でリアルタイムで見られるようになっていたらしく、地上では現在の高度を見て選手たちは一喜一憂していました。あ!700mに上がった!600mまで下がった...みたいに
結局1時間以上そのエリアでもがき続けましたが、十分な高度には達せずむなしくランディングとなりました。
ただ、これでワンポイントとなり、東大は選手4人全員がポイントしたことになります!
1時間40分にも及ぶフライトで柴田さんは力尽きました。おつかれさまですね
IMG_0075.jpeg
というわけで、この日はなんと出場26選手中17選手が得点する非常に好条件となりました!経験してきた大会が少ないこともありますが、こんなにクリア無線を多く聞いたことはありません。
また、淺野さんの親御さんから、いちごの差し入れをいただきました!ありがとうございます!
IMG_C1B9BB9F9A71-1.jpeg

最後に本日の得点
1位 慶應 矢島 950点
2位 慶應 松本 808点
3位 明治 加地 792点
4位 早稲田 田中 786点
5位 慶應 緑川 765点

7位 小川 722点
16位 柴田 219点
累計得点 【個人】
1位 ⻘山 畠 1,659点
2位 法政 本田 1,523点
3位 慶應 矢島 950点
4位 早稲田 伊藤 918点
5位 東大 松島 900点
6位 明治 加地 898点
【団体】
1位法政 2.843点
2位慶應 2,523点
3位東大 2,065点
4位⻘山 1,930点
5位早稲田 1,704点
6位明治 1,615点

全国大会DAY2

どうも、プロウインチマンの3年高山です。といってもまだ台車は動かせません。どうも台車のギアが2速に入らない・・・3速に入らない天敵(Vァネット)とはお別れしたってえのに、また新たな天敵登場ってかあ?まだまだ苦労しそうです・・・

さあそんなこんなで全国大会、ウインチマンとして参加してまいりました!動力側から選手たちを空に送り出してはや3日、だんだんと自分も飛びたい!という気持ちが強くなってきてしまいました。今はまだまだ未熟ですが、来年の今頃は選手としても部に貢献したいな・・・なんて思ってます。叶えられるように訓練がんばらなきゃですね!まずはJr.待ってろよ!
                         ↓ピストから隔離されすぎて寂しすぎて自撮りをはじめたマン
寂しすぎて自撮りをはじめたプロウインチマン


全国大会を通して他大学の知り合いも増えたし、部員としてのモチベーションも上がって、いい経験になりました。念願のブルーサーマルも見ることができましたし、個人的には大満足でした。あれを見て来年度の部員がたくさん増えればいいな〜
まだまだ大会は続きますが、選手の皆さん安全には気をつけて頑張ってください!!応援してます!!
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
リンク
このブログをリンクに追加する
バナー
『この大空に、翼をひろげて』たった一つの青春がここに― 風戸依瑠Ver