スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整備基本講習会

グライダーはとても単純な構造をしているとはいえ、れっきとした飛行機です。したがって安全運行のために整備が義務付けられています。

飛行時間50時間ごとに行う50時間点検(通称50点)や100点、さらに1年に1度の滞空検査のための整備などです。

これらは安全にかかわることなので素人である学生が勝手にやってはいけません。国家資格をお持ちの整備士の監督・指導のもと行われます。


機体整備で中心となって動くのが機体係の役割。そこで今回機体係の2名(デジ男(駒井)と岡本)が学連主催の整備基本講習会に参加しました。

この整備基本講習会、「基本」とありますがなかなか内容は盛りだくさんで大変勉強になりました。


内容を紹介すると

・無資格者である機体係ができるのはどこまで?
・ドライバの軸が柄を貫通しているのとしていないものの違いは?
・安全線にはコンビネーションプライヤじゃなくてダックビルプライヤを使ったほうがいいのはなぜ?
・モンキーレンチ、スパナ、めがねレンチ、ソケットレンチ、この4つを推奨される順に並べなさい。
・ボルトとナット、まわすのはどっち?
・ボルトのねじ部にグリスをつけてはいけない理由は?
・安全線のかけかた。
・割りピンのつけ方。
・TCDって何?
・予備品証明って何?

などなど。

わからないことがあったら是非来年の講習会に参加しましょう!!!


ちなみに、知名度のバリオが振り切れているデジ男。今回も存在感バリバリでした。

これはデジ男が作った安全線です。

090627_1454~0001


苦労して作り上げたデジ男、講師にチェックしていただきました。

講師「君、これ何回目?」

デジ男「え?」

講師「いや、何回失敗したなって切ってやり直した?」

デジ男「えっと・・・一回ですけど。やり直しはしましたけど切ってません。」

講師「へぇ~。本当!? みんなちょっと見て!!(受講者全員集合) 100点!!!素晴らしい。」

安全線のデジ男の誕生です。以後整備では安全線担当で笑
スポンサーサイト

05KH耐検整備part1!!

どうも。ごきげんよう。
整備講習会が行われていた日に同時進行で学連機ASK21、05KHの耐検整備が行われました。
東大からは3年坂野さん、2年瀧本が参加。他、法政、慶応、首都大、青山の方々が参加。

6月に合宿を行わない東大航空部にとっては、実に久しぶりの妻沼です!一ヶ月ぶり!

ま、特に変わりはねぇだろ…
と、思いきや、旧格一階のトイレに洋式が2こ導入されていました!!(σ゜д゜)σチェケラ
残念ながら2日間じゃあ使う機会がありませんでしたが(´△`)↓

話が脱線してしまいました。05の整備の記事です、トイレの記事ではありません。
6/27~7/11までの土日6日間で、学連機05KHとパロマの耐検整備を行うのですが、初回ということでこの2日間は主に05の外回りとギア、レリーズの点検を行いました。

所有機が単座しかない東大は、整備の経験があまりないので磨き担当でした。
そうそう、レリーズ、ギアの点検を行うために05を逆さまにしました。今頃宿舎の格納庫の中で逆さまのまま眠っていることでしょう。






朝日新歓の出し物とかの記事

こんばんは
記事を書くのが大変遅くなってしまい申し訳ありません。

はじめまして、現役1年の赤嶺です。
朝日新歓の出し物とかの記事をかけと言われたので、この場を借りて新入生を代表して説明責任を果たさせていただきたいと思って筆をとりました。
もとい、マウスをとりました。







さて、先週の日曜日、6月7日に行われた朝日新歓ですが、噂は前々から先輩に聞かされていたものの現役1年の間で具体的な対策が検討され始めたのは5月合宿中のことでした。


自分と神納、剱田、そして牧野による話し合いが行われました。
まず自分が沖縄県立八重山高校から伝わると友達に聞いた創作ダンスを提案しましたが、なんか面白くないと一蹴され、コントをやるという方向性でまとまりました。

まあその後の話し合いの様子は現役の先輩がたは大体分かるのではないかと思います。
なんでもない時でさえ生きる下ネタスピーカーの下納が発動。
その波は残りの3人にも感染。
なんということでしょう。下納の匠の技によって、議論の硬直した会議が、いかに面白い下ネタを思いつけるか的な空気に。







結局下ネタが出続け、それはそれで面白いけどアウトなアイデアのみを我々に残して五月合宿は終わりました。












その後話は進まず、気づくと新歓は一週間後に迫ってきていました。






さすがにそろそろ練習に入ろうということになったのは新歓が6日後に迫った月曜日のこと。
放課後に集まることになりましたが、連絡不足と様々な用事で集まったのは自分と早川と古川のみ。
まずはコントの内容を固めようということになり、格納庫に集まりました。

いつの間にか早川にも下納化現象が起こり、またパッとするネタも思いつかず、空も暗くなってきたころ






くいで音楽を奏でよう!







と一人が提案。(誰だったかは諸説あります)

実際できるのかどうかは定かではありませんでしたが、それ以外には下ネタしかないのでとりあえず保留、調査ということになりました。




そして水曜日に、実際くい缶を出して試してみると

以外とくいによって音が違う!!

ということが判明。
とりあえずこれでやってみようという話になりました。

その翌日から格納庫に集まって音を並べたり演奏してみたりして、とうとう日曜日を迎えたのです。




14校の大学が参加していて、東大の出し物の順番は真ん中ぐらいでした。




他大の順番などは自分は忘れてしまったんですが、他大の芸が始まって思ったのは



レベルが…違うッ!





クォリティがすごく高かったのです。
ダンスにしろコントにしろすごく練習したんだなって感じでした。



いよいよ東大の番になり、
不安と絶望の表情を浮かべた堀さんに見送られ、

一人二本くいをぶらさげて舞台に一列に並び、
ハンマーを持った牧野が
メロディを奏でました

その曲の名は

かえるの歌




小学生の時誰しも歌ったであろう国民の心の根元を揺さぶる歌
機体を地面につなぎとめるというその根元を支えるくいをつかって
皆の視線と魂を係留...












するつもりでしたが
”そういわれてみればかえるの歌に聞こえなくもない”という状態だったため


え?


みたいな反応を受けていた気がします。
シュールさの勝利です。

早々と切り上げて退場しようとすると、
東さんが
東大このあと緊急ミーティングを開きます
と。
すみませんでした!




結果は12位。
最下位ではないというなんとも微妙な位置でした。

1位はすごくクォリティの高いコントをやっていた学習院。
2位がハルヒの立教。
どこの大学の芸も面白かったです。






二次会に向かう途中先輩方にフォローを受けました。

アニメイトにモナリザを持ち込んだようなものだよ。
時代がまだ追いついていたなかったからしかたないよ。


と。
なんだか涙が出てきます。











この行事を通して部内での仲も深まり、他大の同期とも交流することができて、大きく成長できたような気がします。
これからも航空部で頑張っていきます。

来年の新入生にはクオリティで勝負してもらいたいものです。




最後に、神納の感想を載せておきます。


えっとですね、まずは新人講習会お疲れ様でした。会が滑らかに進行したのは上級生のみなさまのお蔭ですし、芸がとりあえず何とかなったのは同期のお蔭でしたので本当に部員の皆さんには感謝しています。
がしかし今回一番重要だった事項はとりもなおさず他大学の女子の皆さんがみんなかわいかったことと彼女らにお近づきになれたことですね。はい。まぁ僕は硬派なのでそんなことは興味の欠片もなかったですけどね。




以上で報告を終わります。
先輩方すみませんでした。
長文失礼しました。

OB搭乗会(パート2)

更新滞りました。 すみませんm(_ _;)m



気がついたら 大量のレポートと課題が…(ノ_-。)


まあなんとか片がついた(≒ごまかした)ので、前回記事のその後を振り返りたいと思います。


ボーリングを満喫した一行は旅館(宿舎ではない。ここ重要。)へ向かいました。


こちらが宿泊した扇屋です。
090530_17367E0001.jpg


到着して一息ついたらお食事でした。おいしかったですね。

そしてそのまま宴会でした。

東大ウィンチ(今はないが昔はあった)のお話で盛り上がりました。エンジンの話題でなぜあれほど盛り上がるのだろう…

あと現役とOB、OGである現役を励ましましたっけ。きっといいことありますよ。うん。


1夜明け、二日目。

この日は朝から雲高も(1日目に比べれば)高く、雨も降っていないので、

登場しました。今OB搭乗会の目玉!!!(と岡本が勝手に思っていた!!!!)


DG500!!
090531_09167E0001-0002.jpg

自力発航が可能で、不要なときはプロペラを背中に格納できる超高性能機です。しかもフラップ付き。

翼幅22mは妻沼の高性能機の頂点に君臨するDuo Discus の上を行きます。


妻沼で飛ぶと、リトウェイにかからないように着陸は強制的にCで、BとDにラインアップされている機体はショルダーしなければならない事態になってしまいます。( ̄O ̄;) ウォッ!

まあ、学生に乗りこなせるような代物ではありませんが。。。


DG500の機体組みの際、教官は

「君たちに大人の機体組みを教えてあげよう」

とおっしゃいました。

で、その様子がこれ
090531_08357E0002.jpg

丈夫なウィングドーリーに重さを持たせ、2~3人で組めるそうです。

もし現役が
「ASK21を2人で組め」
と指示を受けたらまず逃げ出します。( ̄Д ̄;;

ちなみにテールの横に翼っぽいけどなんか短いパーツが見えますが、なんと主翼の先端残り半分です。長いっ

片翼を胴体にはめたらその間はスタンド(これはW24にもついてます)で重さを支えて、もう片方の翼を入れます。
力要りません。
マジ楽です。

でもお金がない現役はこれからも力ずくで組むことでしょう。笑

実際に飛ぶところが楽しみだと思いながら機体組み終了。

フライトは雨が降っていないとはいえ、視程や雲高の関係でまだピュアは飛ばせないみたいでした。

そこでモーターグライダーがこの日も大活躍。(便利ですよね。)

最終的に登場したのは
G109
=?EUC-JP?B?ZjEyZi5qcGc=?=
(奥で飛んでる方)
IS28M
=?EUC-JP?B?MTM0MC5qcGc=?=
ロタックス ファルケ
=?EUC-JP?B?YzQ0NC5qcGc=?=

の三機。JMGCさん、ありがとうございます。



雨も降っていないので順調にOBの方々のフライトは回り、現役もお手伝いで走りっぱなし…
P11.jpg

じゃないですね。まさかピスト前までモグラが自力で来て搭乗者を乗せていってくれるなんて……

このOB搭乗会には現在もモグラを操縦する資格をもたれたOBもいらしてますので(そこは航空部!!)、その様子が教官によって隠し撮り(笑)されてました。



卒業して何年経っても無邪気に飛べるなんてやっぱりグライダーっていいですね!!!\(o⌒∇⌒o)/

PS
 夕方から雨の予報だったのでDG500は飛べませんでした。残念(ノω・、)
=?EUC-JP?B?MzU0My5qcGc=?=

OB搭乗会

5月30日と31日は五月祭です。。。。。。。。とは並の東大生(笑)のセリフ。 


我々東大航空部現役一同は大利根滑空場へOB搭乗会のお手伝いに行って参りました。



東大航空部のOB搭乗会は卒部20年の方が幹事を務められ、フライトに関してはJMGCさんにご協力いただいて行われてます。


卒部20年のOBというと、現役がまだ

ばぶー  しか言えなかったり、



はいはい 


とか

あんよ ができたら周りから喜ばれたり、



実はまだこの世に生まれてなかったりする時期にバリバリ活躍されていた方々です。(ちなみに僕は幹事の方々の4年の全国大会中に誕生しました笑)



現在現役の僕らが幹事を務めるのは2030年代です。その頃には空飛ぶ車とか売られてたりして。。。。


以下簡単に振り返ると

30日

 OB搭乗会には毎年雨が降るジンクスがあるらしく、今年も朝はしっかり雨が降っておりました。


 僕は妻沼で普段からお世話になっている教官の車に乗せていただき、大利根に向かいました。


首都高をおりるまでは降っていた(というより気づいたら晴れてた)雨も、大利根が近づくと晴れ、

「これはいけるのでは?」

と思ったのですが、

雲高が低すぎで、

「無理なんちゃう?」


的な雰囲気で現地に到着。

とりあえず雨はやんでいることだし、モーターグライダーG109を出すことに。

090530_09427E0002-0001.jpg


モーターグライダー(通称モグラ)に乗ることなどまずないので、コクピット内の計器もよく見るのもあれば、

「は?」

ってのまでいろいろ。


「暖気をするけど助手席(的な席)に乗りたい人いる?」


という教官のご提案で僕が乗せていただきましたが、せっかくいろいろご説明いただいたのに全く頭に入りません。


その後実際に教官がエンジンをかけました。



あの音と振動。。。。 う~ん 僕はピュアのが好きです。


実はこの暖気の際、教官がチョークを入れたままにしていたというやらかしをされまして、しばらく修理(?)ということに。

何でも外から見てたら

「黒い煙が出てた」

そうです。


やっぱり僕はピュアのが好きです。

その後、現役一同はシェフ(何故かOBの方々は食当という言葉を現役時代に使っていたにもかかわらずあえて口にしないようにしておられます。どんだけきつい仕事だったんだろう???)のお手伝いで機体から離れておりました。

なのでその後はフライトが行われたのですが、僕は全くと言っていいほど把握していません。なので以下昼食準備の記事のみです。笑

作ったのは豚汁と焼きそば。


豚汁編

食材を片っ端から皮剥いて、切りました。

ここで話題をさらったのが現役1年(大学は2年)神納。

なんと包丁でジャガイモの皮が剥けない!!

「俺にはピーラーがある」とかなんとかぬかしてましたが、

なんとピーラーの芽取りを知らない!!

なんでこんなに芽が取られていないジャガイモがあるんだ!!

と一時騒然。

ゆとり教育万歳ですね。

ちなみにごぼうにもピーラーを使い始めるという。。。。

もちろん「ささがき」なんか知りません。

駒場に住むとこうなるんですね。

その後はシェフの見事な腕前で豚汁は完成しました。

焼きそば編

 フライパンと中華鍋の間の子みたいな調理道具で3回に分けて6玉調理。

ここでも話題をさらったのが現役1年神納(以下ゆとり)。


焼きそばを入れさせようとしたらビニール袋ごと入れるという大やらかし

調理中だった僕は真っ青になり、急いでどけてなんとか事なきを得ましたが。。


「(マジで)邪魔だからあっちいってろ」と言ったのに、


気づいたらなんかいて、


「味見」してるし。


鳥○県教育委員会に文句言ってやりたいですね。


こうして(無事に)焼きそばは出来上がりました。

〔料理編終わり〕

調理をしていると

なんと現役にも発数をまわしてくださるというなんともありがたい連絡が入ったので

1年の間(といっても牧野とゆとりの二人だけでしたが)でじゃんけんで順番を決めさせました。

結果は1番牧野、2番ゆとり

ところが!!

なぜかゆとりが牧野を説得(恐喝ともいう)し、順番が逆転。

ゆとりは成田の空へ。

牧野は地上でお食事。

しかも牧野まで発数はまわらず。

文○科学省に文句言ってやりたいですね。


雨が降ってきたのでフライトは中止となり、なっなんと!!ボーリングへ。



どのOB,OGも「ボーリングなんて久しぶりだよ」とおっしゃっていましたが、


2ゲームをプレイし、現役は見事に負かされました。


そんななかデイリー138点を獲得されたのが我らが土本主将!!!


実は土本主将が勝つ前は僕が教官に1点差で勝ち、デイリーだったんですが。

おいしいとこ持ってかれましたね。


こちらは上位陣の記念撮影。1番は総合得点1位のOB。3番は総合得点2位の教官です。
090530_17117E0002.jpg


そして2番の位置にいらっしゃるのが我らが土本主将です。

勇ましいですね。


ボーリングで存在感を示したのは

デジ男
090530_15287E0002.jpg

登録ネームも「デジヲ」でOBの方々の記憶に深く刻まれたことでしょう。彼の知名度のバリオはいつまで振り切れているのでしょうか?

ちなみに彼が着ぐるみを着ているのは表彰時のデモのためです。「いやだ、いやだ」とうれしそうに叫びながら着てました。

続いて牧野
090530_16517E0001.jpg

訓練も「二日が限界です。」という彼。

早く体力つけような。


なんだか長くなったので1日目日中の記事をこれで一度終わりにします。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
リンク
このブログをリンクに追加する
バナー
『この大空に、翼をひろげて』たった一つの青春がここに― 風戸依瑠Ver
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。