スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東大会終了

どうも 岡本です。

え~ 大変遅くなりましたが関東大会の残りの報告をします。
ちなみにブログを書く最後の1年生だった神納は妻沼に来て競技開始後すぐ体調不良のため強制送還となりました。代理で手伝っていただいた立教大学寺尾さん、ありがとうございました。
なので現場を把握している下っ端は僕だけです。

 競技六日目

kantou last huukei


 朝準備したときには逆転層がとれているように見え、追い上げを図る東大チームとしては逆転への希望を胸にしていたのですが、競技開始してみるとやっぱり逆転層が残っていて条件は渋くどの機体もなかなか上がりません。
 先日までの刺すような寒さを伴った強風から解放され暖かい一日だったのですが、残念。そんな中、風の変わり目で慶應YSがワングライドで千代田クリア。減点があったものの400点ゲット。東大24チームはこの日も得点なし。
 
 その日の夜はみんなで(といっても3,4年生と僕だけですが。)湯楽の里(通称:ゆら)へ。

 選手のお二方は大会一週間の疲れを一足早くとりました。一週間も大会とか考えただけで疲れるんですが。。。( ̄Д ̄;; あれ?でも新人戦も1週間だっけ?

 翌日は大会最終日ということで逆転への決意を新たに就寝。無情にもきれいに輝く星空。あ~明日も逆転層か。そう思いながら過ごす冬の妻沼。

 競技七日目

 迎えた大会最終日。閉会式の関係で発航は前日までよりも2時間早く1時最終発航。東大の発航順は1番。
「発数だけはたくさんまわってくるな」とはエース東さんのセリフ。あきらめた感のある発言ですが、目だけは逆転狙ってたように思います。周りを油断させる作戦??一番なので6時半におきて凍てつく地面の上で機体組み。セームも翼も凍って仕事がない。
 
 ウェザーは気温が低いうちは逆転層で上がれないが、気温が高くなるとトップは700くらい。渋めとの予報でしたが、24ならトップが700でも千代田いけるはず! 競技終了までに充分気温が高くなるか。

一発目はまず、土本主将がフライト。『きれ~な逆転層』 まあ、まだ10時半ですからね。

二発目以降は東さんがフライト。ところがなかなか逆転層が消えない。暖かくなった感を出すためちょっと寒いの我慢してロングT姿になってみるも消えない。消えない。・・・消えない。

 そのまま競技終了。東大の全国大会出場はなりませんでした。
kantou 24  ushiro



応援してくださったすべての皆様に一週間を全力で戦い抜いた選手の代わりに東大航空部員を代表してお礼申し上げます。ありがとうございました。
この屈辱を決して忘れず、糧にして来年東大は必ず全国への切符をつかみ雪辱を果たします。

なお、全体の結果は以下のようになりました。(学連ホームページより転載)個人と団体の点数がまったく同じというのはやはり渋い関東大会を象徴するものでしょうか。

個人の部
優 勝 星野 佑介(慶応義塾) 1883
準優勝 小林 脩平(慶応義塾) 1400点
第3位 三木原悠介(法政大学)  765点
第4位 金田 康宏(日本大学)  692
第5位 井口 知彦(青山学院大学)  288点

団体の部
優 勝 慶応A 1883点
準優勝 慶応B 1400点
第3位 法政A  765点
第4位 日本大学A  692
第5位 青山学院大学  288点

全国大会出場チーム 第50回全日本学生グライダー競技選手間大会の関東支部出場チームは、
日本大学A、日本大学B、東海A、東海B、慶應A、慶應B、理科大6、東北13
法政A、法政B、青山A、学習院Aの12チームが選出されました。



スポンサーサイト

関東大会競技5日目

競技5日目。
本日は朝から強い北風が吹き荒れて非常に寒い一日となりました。

東大24は発航順一番のため、大会中だというのに朝早起きして機体を組み始めます。

091218_061804_20091222081850.jpg


気温は氷点下2度(!)

地面におりた霜が凍っていて、歩くとパリパリ言います

で、競技の方はどうだったかというと、待機をはさみながらだましだまし発航を続けたものの、風が強くなりすぎて13:00頃一時中断、14:00にそのまま完全撤収となりました。

サーマルはありましたが条件が難しすぎ、結局本日も得点者は現れませんでした。


ところで、今大会は立命館の上河君が写真を撮りに来てくれています。彼のブログでその一部が見られますので、大会の様子を知りたい方はぜひ。

↓上河君のblog
Blue Thermal Photography

091221_134149.jpg



写真はコックピットを撮影する上河君。W24は久々の登場ということで若干ひいき目に載せてもらってるかも


競技もいよいよ終盤戦にさしかかりました。今だ得点のない東大24は果たして全国へ行くことができるのか?

残り2日、追いつめられた東大チームの奮闘にご期待下さい



競技四日目

こんにちは。早川@妻沼です。今大会は1年生は日帰りクルーの割合が高く、僕もその一人です。

昨日は周回を達成した機体があったようですが、今日は条件が良くないらしく誰一人として周回しませんでした。我らが東大24も悪条件に苦しめられ、高度の獲得すら難しかったようです。

そして僕は本日の競技時間の半分ほどを翼端ですごしました。ドリーがついていて下ろせない翼端。僕の手からものすごいスピードで熱を奪い去っていく翼端。クリスマスも近いこんな冬なのにてんとう虫が2匹も付着している翼端。WAXをまとい、すべりやすさ100%UPの翼端。翼端のいろいろな面を見ることが出来ました。

競技3日目

2年の駒井です。今日は一年生がいないのでじゃんけんで負けた僕が競技3日目について報告させていただきます。

で、さっそく放棄されたので岡本が書きます。

今日は24を組もうにも前日から宿泊しているのが僕と東さんだけでしたので、飯起きでした。朝ごはんをいただいた後は「土本が来たら出発」という指示だったので、ただひたすら宿舎の掃除に励みました。

東大の掃除場所はもうすっかりおなじみの一階トイレ。

あんなに便器を凝視するのなんか飲み会の翌日くら・・・

そして土本さんとデジ男(通称:駒井)が到着しメンバーがそろったので24を組み、準備を整え競技開始!



連日、日本列島上空に強い寒気が入り込んでいるため好条件が予想されている今大会ですが、強い冬型の気圧配置が影響して風が強く難しいコンディションが続いています。また、積雲の成長のサイクルが早く、条件ができてもすぐにしぼむ場面が多くみられ、6機同時進入が2、3回ありました。われらが東大24も思ったようなフライトができず、今日も周回はなりませんでした。

そんな中一瞬のすきを突いてただ一機周回を果たしたのが慶応ディスカス。1000点キック。独走態勢に入りつつあります。

好条件もあと数日は続く予報なので選手のお二方にはぜひとも一発逆転決めてもらいたいと思います。

競技2日目

1年の剱田です。競技2日目についてレポートします。

ASW24と選手&クルー
ASW24と東選手とクルー



競技開始前の上空ではトンビが小さなサーマルで粘っており、次第に高度を獲得、早々に周回に出向いて行きました。
「24もあのくらいの旋回半径で回れればなあ」と東さん。

今日は朝の段階で、昼から風が強くなることが予想されていたので
頑張って一巡できるかどうかといったところで、大会の1日が始まりました。


東大24の順番は12番目でしたか。始まって早々背風待機があり、なかなか東大の順番は回ってきませんでした。

ASW24

風も強まり、ようやく回ってきた本日1発目。他の選手が右へ左へとサーマルを探す中、東選手は真っ直ぐ風上に伸ばすも、良い条件を見つけることができません。多くの選手が飛蝗するうちに、ついに強風(横風)待機となりました。

強風を伴う前線

北方には前線のように張った気味の悪い雲が近づいており(写真上)、これとともに風もどんどん強くなりました。午後は風が強まる一方とのことで、競技中止かと思われ、どの大学の選手もクルーも戦うモードから、まったりモードに変更されていきました。(写真下)

強風待機する東選手
(愛機を傍らに眠っていらっしゃるのは東選手)


最終発航時間まであと1時間となった午後2時。
選手がピストに呼び出されMTGが始まりました。「ああ。これで撤収が告げられるのだろう」と思いきや。


「再開します」

え~~っ!?
まだ風もびゅんびゅん吹いており、完全に撤収ムードになっていた一同は愕然としましたが、逃げ切りの状況ではない東大チームは再開に向けての準備に取り組みました。


ここからがドキドキで、次の次が東大24の発航となったとき、時刻は14:48。(最終発航は15:00)
索が無くなったので、リトが索を引くのを待つこと数分。ひとつ前の機体が発航するのに数分…

東大24が、恐れていたラストフライトとなりました。(14:57)
15:00までに「準備よし」をかければ無事発航ですが、1秒でも過ぎると本日は終了です(汗


ウィンチのパトランプが消えるのを息をのんで待ち構え、消えると同時に索を繋げて



「ランウェイクリア。妻沼川2、東大24準備よし!」


ぎりぎりで間に合ったようで、ピストの時計を見ると 14:59`27
間一髪でした。


さてフライトはというと、長いこと滞空し高度もかなり獲得したものの、点数に直接現れなかった模様…
しかし、クルーとしてはこの一発が飛ばせたことは喜びに感じました。



寒い一日でしたが、合宿とは違う経験が多く、学ぶこともあり楽しかったです。
帰り路で、電車とホームの間にi-podを落とさなければ、、、


↑拾いあげてもらいましたが、めっちゃ汚れました(泣



テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

競技1日目

おはようございます、1年の赤嶺です。競技1日目である昨日について報告させていただきます。

朝入りだった自分は5時に家を出発して妻沼へ向かいました。8時過ぎに宿舎に到着。

10時頃から選手は開会式をして、そのあとランウェイに移動して風向きが変わったため陸送、11時からついに競技が開始されました。朝には雲が多かった空もいい感じに晴れてきていました。

六大戦でも地上で働いていましたが、そのときより機体も多くてなんだかすごいです。


今日の競技では、東大チームは東さんだけでした。3時まで発行は続き、最後まで粘っておりましたが、残念ながら今日は周回はなりませんでした。


今日以降も全力で応援していきます。

チェックフライト

 関東大会一日目について報告致します。
 

本日は朝から空一面が雲に覆われた薄暗い天気で、発航が始まった9時半になっても気温が上がらずに肌寒い状態が続いていました。

風は弱い南風で、上空はプラスもマイナスもない静穏な条件だったようです。
東大の二人の選手はどちらも順調に一発でチェックを終えましたが、W24の無線の調子が悪く、4年の東さんが確認のために余計にもう一発飛ぶこととなりました(無線はどうにかなりました)。

昼近くになるとやや日射も出てきて対流が感じられるようになったそうですが、結局上がった機体はなく、1時までにはすべての大学がチェックを終えて撤収となりました。
 
1年である私にとって大会は2回目ですが、今回は前回の六大戦に比べてもさらに参加機数が多く、これほどの数のグライダーを一度に目にするのは初めての体験となりました。
特に陸送時の機体がアリのように連なって進む光景は印象に残ります。


それとDiscus多すぎ。


明日からがいよいよ大会本番ですが、お二人の選手にはぜひ奮闘していただきたいと思います。

tuchi

写真はチームリーダーの土本主将。

関東大会集合日

どうも鷲澤です

今朝7時出発ということを聞いていつもの合宿のように6時半前に格納庫に着きました

しかしまだ誰も来ていないようだったので、準備をしてしばらく待っていました

一人のまま7時を回りそうになり、何の連絡もないとなると、自信を失い、
今日この日、この時間に格納庫で準備していることが正しいのかを何度も確認したほどでした

そしてやらかしネタがまた一つ増えたと思いました…


そんなこともありましたが無事妻沼に着き、大会集合日恒例の機体組み・点検、身体検査、書類審査、ウインチ点検などが行われました。

いろいろトラブルはありましたが、選手のお二方が心配なさっていたインフルエンザの検査(笑)やパロマの百点などもなく、なんとかいいスタートを切ることができました。

これから1週間のご健闘をお祈りします!

バラスト作り

どうも、こないだブログにて「サンダースプリットアタック」を披露した機材主任の瀧本です。
ブログ書くのはすごい久しぶりかも。なんだかちょっと緊張します。

タイトルの通り、12月13日に部員数人とOB2年の佐原さんと共に(お忙しい中本当にありがとうございました)バラストを作りました。

部員の軽量化のため、バラスト不足が顕著な中、11月合宿中にバラストが一枚崩壊してしまったのが主な原因です。
部員数が増えてきたためにそもそも機材が全体的に不足気味になってきているのが機材主任として悩みどころです…。
そのため、僕は少しでも必要なバラストを減らそうと、自身の重量化に日々努めています。……はぁ。どうしようこのおなか周りのお肉ちゃん。

さて、バラスト作り当日の話です。

機材主任としてやはり気合いの入っていた僕は、集合が10時だったのにも関わらず、朝の5時には駒場についていました。フラフラしながら、陽気な気分で。
時間をつぶそうと思い、機材車ノアの中で毛布にくるまっていると、格納庫を開ける「ガラガラ!」という音が。
目の前にわっしーがいました。外は明るい。

さぁ、作業の始まりです。


佐原さん以外はバラスト作りの経験を持たない人の集まりだったので、佐原さんにアドバイスをいただきながら、試行錯誤をしながらの作業となりました。

作業は簡単にまとめると、

1.鉛を溶かす
2.型に液状の鉛を入れて冷やす。
3.布に鉛を詰め込んで縫う。


極めて簡単そうに見える作業ですが結局1枚作るのに8時間ちょっとかかってしまいました笑


1.鉛を溶かす。
理科の実験みたいな感じです。
鍋に鉛を入れて、コンロで加熱してやればいとも簡単に液体になっていきました。
ちなみに、鍋は1年部員の神納に提供してもらったのですが、得体のしれない白い粒つぶがついてたりして、使ったことがないだろうにめちゃくちゃ汚かったのはここだけの秘密です。

溶かしている最中の鉛はこんな感じ。2009121311230000.jpg

神納の鍋は見事に黒こげになりました。


2.型に液状の鉛を入れて冷やす。
型は佐原さんのアイディアでアルミ缶の底を使うことになりました。
出来上がった鉛はこんな感じ。2009121312590000.jpg

楽しいのはここまで


3.布に鉛を詰め込んで縫う。
鉛精製は3時間かかりましたが、布を縫う作業は5時間ちょっと、しかも実質作業しているのはミシンを使えるわっしーだけという、それはそれはひどい状況でした。

某主将はマリオRPGを黙々と進めていました。
僕と古川は縫うわっしをひたすら見つめていました。


そして…!!

完成したバラストですが、肝心の写真を撮り忘れてしまいました笑 (◦◇◦)

どうしても見たいという人(いないと思いますが)は、格納庫で待っていますのでいつでもどうぞ。

それでは、関東大会の様子に移りたいと思います。

「現場の鷲澤さーん!!」



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
リンク
このブログをリンクに追加する
バナー
『この大空に、翼をひろげて』たった一つの青春がここに― 風戸依瑠Ver
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。