8月合宿

Day0

今日から8月合宿が始まりました。
8月から学連に『東大21』ことJA2379が配備されることになり、我々も東大21に乗ることを楽しみにしていました。

オーバーホール直後の2379の外見は真っ白でとても美しく、座席ないもなかなかきれいでした。

明日からこれに乗るのかと心躍らせながら、前回使用していた大学から引き継ぎ、機体の確認をしていると驚くべきことが…

なんと、配備されて5日目にも関わらず既にあちこちに不備があり、整備士に確認したところ飛ばせないとのこと


非常に残念ではありますが、明日以降は以前からある学連機を使用することとなってしまいました


我々が東大21に乗る日はいつになるのでしょうか…



Day1

この日は2号ウインチの台車が不調のため、急遽立教大学さんに合同での合宿をお願いすることになりました。
くもりがちで時々雨もぱらつき、ジメジメと蒸し暑い1日でした。



1年生にとっては妻沼で過ごす初めての夏で、グランドワークや各係の仕事の養成も本格的に始まりました。
立教の1年生は5・6月合宿でグランドワークをすでにそれなりに経験を積んでいて、我々東大の1年生も立教に負けじと頑張って仕事を覚えていました。

早く全部マスターして一人前の航空部員になってネ!


今日のヒログチさんの作品

IMG_5360.jpg

Day2

FAI Sporting Code Section 3 AnnexB

2.6 Calibration Procedures. SC3C Appendix 5 gives guidance on calibration of mechanical barographs.
Calibration of the pressure altitude function of an IGC-approved GNSS Flight Recorder should follow a similar
procedure with the Flight Recorder running in the pressure chamber at a fast fix rate, connected to a battery that is
also in the chamber unless the Flight Recorder is internally powered. In a large pressure chamber, Flight Recorders
and mechanical barographs can be calibrated at the same time. In the absence of GNSS fixes, most Flight Recorders
either start recording on detecting a change of pressure altitude (1 m/s for 5 seconds is a typical threshold), on
switching-on or on connecting power.

キャリブレーションの手順。 SC3C Appendix 5に機械式バログラフのキャリブレーションガイドがある。IGC-approved GNSSフライトレコーダーについても、プレッシャーチャンバー内で、内蔵バッテリーがない場合はバッテリーとともに稼働させるという機械式のものと似たような手順に従うべきである。大型のプレッシャーチャンバーではフライトレコーダーと機械式バログラフを同時にキャリブレーションすることもできる。GPSトラックの変化がないため、ほとんどのフライトレコーダーは気圧高度の変化(5秒間連続する1m/s以上の速度での気圧変化が典型的な閾値である)か電源オンか電源の接続により記録を開始する。

今日のヒログチさんの作品
写真 (1)

Day3

今日から第2ランウェイでの訓練となりましたー
1年生は続々グランドワークをチェックアウトしていき、
大会へ召喚される気配濃厚です(°▽°)!
素敵ですね!

今日は舩橋くんの念願の3rdソロ、川島くんの3rdソロ
とめでたい一日でしたのでスーパーカップがMTG後に振る舞われました。

それではお待ちかねの今日のヒログチさんの作品です!
fr.jpg



Day4
昨日に引き続きとてもとてもアツイ1日になりました。
条件は前日までと同様渋く、複座機はすぐに帰ってきてしまうのが多かったですが、上級生の乗る単座機はよく滞空していました。
さらに、今日の成果として舩橋と川島がソロ発数を貯めていました。どれくらいためたかは忘れました。
今日が撤収日でしたが僕の合宿目標「彼女を作る」は達成されませんでした。残念です。次合宿に期待です。

今日のヒログチさんの作品。撤収後修理、修理時間一時間。
huy_20130810015340a6b.jpg
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
リンク
このブログをリンクに追加する
バナー
『この大空に、翼をひろげて』たった一つの青春がここに― 風戸依瑠Ver