スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月合宿 Day2

 Day3を担当します麻生です。

 前日からおそらく雨になるとの予報でした。。わかってたんです。でも抗いました。
20160927142022527.jpg

20160927142005ea3.jpg
 てるてる坊主 一年生 作
(2016/9/18)
スポンサーサイト

9月合宿day1

一年山野です。Day1は、昼頃は晴れましたが、午後から徐々に曇り始めてきました。午前中は多少条件が出ていたみたいです。
20160917

久しぶりのえんむちゃん。今合宿は他にJrとLSを使用します。

夏に免許を取ったので、バネットやエルグラを運転しました。最徐行や、坂道発進が今の課題です(仮免に二度落ちた某Mには負けられない)。ようやく動力らしい仕事が始まります。

20160917_paraglider.jpg

夕方にはパラグライダーがやってきました。個人的には少し怖いパラグライダー。一回はやってみたい。

予報では台風が来るようで、妻沼もどうなるかわかりませんが、とりあえず一週間頑張っていきたいです。
(2016/9/17)

9月合宿Day0

初めまして、1年永井です。
合宿参加日数の割にブログが回ってこなかったのでこのままブログとは縁のない航空部生活を送るのかと思っていましたが、どうやら今後は深く長い付き合いになりそうです。

今日は入り日ということで、基本的には整備や合宿の準備を行いました。
機体組みや機材の修理、無線の手入れなどに分かれ、各々作業に勤しみました。ランウェイに出ないで駒場や宿舎の格納庫で整備をしていると時々自分が何の部に入っているのかわからなくなりますね。

UT sewing club
バラスト補修に精を出す運動会裁縫部員たち

またLS-8は耐空検査後のフライトを実施し、なかなか見ることのない翼長18mの状態で妻沼の空を舞いました。

LS-8_18m
LS-8 JA22KZ (18mのすがた)

お台場のガン○ムがちょうど18mらしいので、今日のLSは真横にしてお台場に立ててもそれなりに存在感があるということです。お台場に翼端を突き立てて林立するグライダーを想像するとなんだかファンタジックです。

明日からいよいよ訓練開始です。
今合宿は天気が微妙で先が読めませんが、せっかく整備も頑張ったのでたくさん飛べることを祈っています。
(2016/9/16)

六大戦Day7

こんにちは、09/09分のブログは一年綾部が担当させていただきます。
六大戦も7日目になり、佳境を迎えています。
6日目までの時点では我が東京大学は団体では2位で、1位の慶應大学とは割と点差が開いていましたが、3位の早稲田大学とは僅差で熾烈な団体2位争いが繰り広げられていました。

当日は1日を通して晴れてはいたのですが、朝からピスチェンをしたり、そのためにJr.をランウェイの端から端まで陸送しなければならなかったり割と大変でした。そんな中でもポケモンGOを欠かさない原さんと松崎さんはすごいとおもいました。

競技フライトが始まる頃になると各大学は円陣を組んだり、教官を混ぜて校歌を歌ったりしていました。気合いが入って良さげだとは思うのですが、早稲田の校歌しか知らない綾部にはダメみたいです...

競技では、午前中は慶應大学と早稲田大学が早々に周回をしていました。午後は東京大学も二周していました(正直綾部は午後宿当をしていたのであやふやです、申し訳ありません)。
tonderu-Jr.

tonderu-ls8

hippari-Jr.

hippari-ls8

写真は亀尾様にとっていただいたものです。ありがとうございます。
初めて大会に来たのでルールや大会独特のグラウンドワークのやり方はよくわからないことも多くありましたが、上級生の方々のフライトを多く観れたことや、ランウェイに10機以上のグライダーが一列になって並ぶ姿が観れたのはいい経験になったと思います。

どうでもいいことですが、テントが新しいものになりました。めでてぇ(適当)。
このテントが長生きすることを切に願うばかりです。
(2016/9/9)

六大戦Day6

1年馬です。
今日は朝から雨で、六大戦が開催できなくなってしまいました。大会の代わりに、航空部にはかかせない動力の話をします。

機材車、リトリブ、ウインチなどを動かすためには、マニュアル車の免許が必要です。8月後半合宿後から自動車学校の免許合宿に参加しました。昨日卒業し午後から妻沼に行く予定でしたが、なぜか合宿が6日も延びてしまい、行けなくなりました。社会の厳しさを知りました。

今日は方向転換、縦列駐車、急ブレーキを習いました。教官Fさんには名前を覚えられていないようで、ずっと『みんな』と呼ばれています。自分の名前を忘れそうです。初めは乗り上げたり逆走したりと散々で、「感覚からおかしいよ卒業できないよ」と鞭ばかりでした。しかしだんだん上達し、最後には「卒業しなくていいよ」と言っていただけるほどになりました!Fさんには申し訳ないけれど、早く卒業して機材車やリトリブの運転ができるようになりたいです。ゆくゆくはウインチ!

学科では乗車と積載を学びました。



シンパシーを感じます。

明日は晴れそうなので、大会が再会するといいです。妻沼には行けませんが、教習所は妻沼まで自転車で1時間の距離なので、ここからでも飛んでいるグライダーが見えるかもしれません。空を注視して頑張ります!
(2016/9/8)

六大戦Day5

三年長谷川です。六大戦DAY5のブログを担当します。最近一年生に任せることが多いのでブログを書くのは久しぶりな気がします。
さて今日の発航順はジュニアが5番、LSが10番です。
まずジュニアの一番手は原選手です。
離脱地点の近くでサーマルに当たり旋回しますが土手側に流されて高度を徐々に失ってしまいます。この後川側に移動したところで沈下に捕まり低空進入となってしまいます。これにより原選手は当日失格。2番手の内藏選手に交代します。
LSはまず発地選手が搭乗しました。
前に発航した機体がほとんどバッタする少しツラい条件の中でも周回しました。さすが東大のエースパイロットです。しかし少し前に出発して粘って周回した慶應ディスカスは後少しというところで抜かすことができませんでした。
ですが着陸は1時すぎ、良いタイミングで2番手の新井選手にバトンタッチします。
ジュニアの2番手は内藏選手です。今日の条件なら2周したいところです。ライセンス取得こそ少し遅めでしたがソアリングには定評のある内藏選手なので確実に周回してくれるだろうと期待して出発を見送ります。機体監視をしているとランウェイ近くでぐんぐん高度を上げてすぐに離れていってしまいました。少し待つとクリア無線が入ります。期待通り着実に周回してくれました。
この間に慶應は3周、早稲田と法政は2周していました。
LSの2番手は新井選手です。
「昨日の5バッタを乗り越えて強くなったから」
と言い残して出発しました。
序盤は少しサーマリングに苦戦していましたが田の字で上げて何とか千代田をクリア。邑楽までは直接は届かず戻してきますが上げ直して邑楽クリア。後はスムーズに給水塔をクリアしてゴールしました。
ジュニアの3番手は藤田選手です。
一番いいタイミングよりはしぼんできているもののまだ積雲は出ているので勇んで出発します。しかしランウェイ近くは渋くなってきていて粘り切れずに降りてしまいました。
LSの3番手は自分が飛びました。
段々条件がしぼんできている様子なのではやく飛びたいと気持ちははやりますが、ウィンチがカンカンしてその修理に30分弱待たされ焦りが募ります。
その間に赤岩にあった積雲が消えていくのを見てあろうことか風下に突っ込んでしまいます。これが悪手でサーマルを見つけられず着陸してしまいました。
降りたあとに赤岩方面を見てみると再び積雲ができていました。サイクルが早いだけでサーマルがなくなったわけではなかったようです。
結局この日は東大と早稲田、法政は3周、慶應は3周と2Pとなり慶應との差は広がり、早稲田には詰め寄られてしまいました。
明日以降も得点者の出そうな条件ですので引き続き頑張りましょう。
本日の得点
個人
1位 早稲田 山田 1000点
2位 慶應 三浦 951点
3位 慶應 山崎 934点
5位 東大 新井 795点
7位 東大 内藏 783点
9位 東大 発地 714点
総合得点
個人
1位 慶應 山崎 3688点
2位 早稲田 山田 3608点
3位 法政 田中 3371点
4位 東大 発地 3235点
5位 早稲田 浦西 3148点
6位 慶應 三浦 2820点
9位 東大 新井 2320点
11位 東大 原 1934点
17位 東大 内藏 783点
20位 東大 長谷川 657点
団体
1位 慶應 12743点
2位 東大 8932点
3位 早稲田 8749点
4位 法政 7572点
5位 立教 2663点
6位 明治 420点

(2016/9/7)

六大戦Day4

こんにちは、4年陶山です。久しぶりにブログを書きます。
一昨日はノーコンでまさかの第二合宿に参加、昨日はウインチということで、久しぶりのクルーに胸が高鳴ります。
そんな今日はOB1年の柴田さんが来てくださいました。ありがとうございます。

今日の発航順は、東大LSが3番、東大Jr.が8番でした。
まずはLSで4年発地が周回します。

rokudaiday4-2
ゴール時(複数機がほぼ同時にゴールしていました)

rokudaiday4-1
着陸時

この後Jr.も周回してきたそうですが、1年生をクルーに駆り出し昼から宿当をしていたので写真はありません。

本日の得点
1位 慶應 山崎 1000点
2位 早稲田 浦西 925点
3位 早稲田 山田 911点
7位 東大 発地 757点
8位 東大 原 603点

本日までの総合順位
個人
1位 慶應 山崎 2753点
2位 法政 田中 2640点
3位 早稲田 山田 2609点
4位 東大 発地 2521点
5位 早稲田 浦西 2458点
6位 東大 原 2134点
10位 東大 新井 1525点
17位 東大 長谷川 657点

団体
1位 慶應 9892点
2位 東大 6839点
3位 早稲田 6268点
4位 法政 5272点
5位 立教 1649点
6位 明治 265点

ということで、東大は現在団体2位につけています。明日以降も頑張ってください。
(2016/9/6)

六大戦Day3

六大戦Day3、ブログ担当の林です。
1年生たちは初大会ということで初々しいブログ記事を書いてくれているのですが、流石に4年目ともなると彼らのような記事を書くのはなかなか難しくなってきますね。

さて、大会3日目(実質2日目)の本日ですが、昨日雨のためノー・コンテストとなり、各校十分な休息を取ったため選手のコンディションはバッチリです。

競技発航開始時刻である10時半時点では積雲も発達しており、条件も見込まれたのですが、機体性能の差やウインチトラブル、救難ヘリの来訪などの影響で東大は渋い戦いを強いられることとなりました。

hara
フライトに向けて空を観察し戦略を立てる原(と、機体にへばりつく上田)

heri
来訪した救難ヘリ

hotchi
ウインチトラブルで待機を強いられる発地

午後からは条件も渋くなり、LS2番手の新井がなんとか周回してきたものの団体周回数としては3周に留まることとなり、良いタイミングで発航し、キッチリ5周してきた慶應に点差を広げられることになってしまいました。

とはいえ、現時点で東大は個人1位、団体2位の好順位につけています。なんとかこのまま逃げ切り、あわよくば個人団体優勝を目指して欲しいものです。
明日以降の天気予報は改善しており、条件も見込まれます。大会はまだまだこれから、選手のみんなは頑張ってください。

(2016/9/5)

六大戦Day2

こんにちは。9月4日分のブログ担当をします、一年の上田です。
昨日9月3日に開幕した六大戦、本日2日目です!

私は本日クルーとして先輩方のお手伝いをするべく3:50分に起床、家を出て5時の電車に乗りました!
(地元が千葉県なもので、、、朝早くから関東横断の小旅です。)

だいぶ眠いです。到着予定時刻は8時過ぎ。きっと到着する頃にはフライトに向けて各種準備がされているところでしょうと思って熊谷駅を降りたら……

雨です。
夏が終わり秋の到来のお告げのような少し冷たい雨がしとしと降っていました。
何を血迷ったのか、私上田は「きっと雨なぞ降らないだろう」と根拠のない確信を抱き
なぜか傘を持ってきませんでした。
はーーーーーーーーーーー、、と長い溜息を時折吐きズブ濡れになりながら妻沼滑空場宿舎へ。

部のみなさんは宿舎で待機中でした。


結局、本日大会は行わないとの判断がミーティングで下されました。
各種作業をする1日になるとの事です。


と、いうわけでLSトレーラーの掃除です!

2

どうです?新井先輩、村上先輩との共同作業の結果です!泥や埃が取れてピッカピカです!

12


他にもLSのHF無線を安定させるために整備するなどして午前中を過ごしておりましたところ、
晴れてきたので急遽第二合宿を行うことになりました。
本来なら私は本日クルーなのですが、陶山先輩・村上先輩と急遽参加させていただきました。
午後からだったのでそれほど飛べませんでしたが、
他大の教官と一緒にフライトし、アドバイスをもらうというなかなか貴重な経験をさせていただきました。
9月合宿に活かしたいと思います!



さて六大戦、明日はDay3
無事、晴れるといいですね!
以上、上田でした!
(2016/9/4)

六大戦Day1

こんにちは、1年の関根です。
今日は六大戦の開会式があり、実際に競技会が始まりました。
僕にとっては初めての航空部での大会です、ワクワクしていました。

開会式は研修室いっぱいに人が詰め込まれて行われました。
グライダー競技をオリンピック競技に、そのためにドラマ仕立てにストーリーを作る、といったお話がとても印象的でした。

開会式の目玉はなんと言っても、校歌斉唱とエール交換。
東大には校歌がないので、応援歌「ただ一つ」を歌います。

残念ながら東大の応援団が来ることのできない状況でしたが、立教大の応援団が心優しく代理を務めてくださいました。

直前になって歌を覚えろと言われて大変でしたが、自分なりにちゃんと歌えたのではないかと思います。

校歌にも学校ごとの色が表れていて、聴いていて面白かったです。

さて、開会式の後は競技開始。

中盤からは厳しい空が続きましたが、東大は初日を終えて4周、3089点で暫定2位でした。

テントや車がたくさん並び、ランウェイに何機もの機体が並んでいるのは壮観で、自然とテンションが上がりました。

これから台風の影響で天気が崩れていく予報らしいですが、先輩方のご活躍を期待しつつ、裏合宿とグラウンドワークを精一杯頑張りたいと思います。

六大戦Day0

昨日まで旅行で関西に行っていたのに気がついたら妻沼でクルーをしていた3年船本です。

本日は六大戦の練習日でした。

今年の東大は東大LS(JA22KZ)と東大Jr.(JA2492)で出場します。今日は所用で妻沼に来られなかった新井さん以外の選手6人が練習フライトをしました。今日は練習日ながらも時間帯によっては条件が良く、たくさんの機体が周回を達成しました。東大でも最初に飛んだ発地さんのLSと原さんのJr.が周回を達成するなど、明日以降の活躍が期待されます。

他の選手の人達も人によっては複数回飛び、明日以降に向けて万全の準備をしていました。

IMG_2473_20160930124651320.jpg
LS出発

IMG_2474.jpg
双眼鏡にスマホのカメラを押し当てて無理やり撮った飛行中のJr.(ちっちゃい…)

IMG_2476_201609301246543c2.jpg
京都のお土産。
(2016/9/2)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
リンク
このブログをリンクに追加する
バナー
『この大空に、翼をひろげて』たった一つの青春がここに― 風戸依瑠Ver
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。