スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよテント列です!

3/29・3/30のテント列では東大航空部もブースを出しています。ツイッターでも告知したのですが、場所を改めてご案内します。

地図

東大航空部のテントは経路全体の真ん中あたり、C-2です。ユニフォーム的なものはないのでわかりにくいかもしれません。航空部の話を聞いていきたい、という人は見逃し注意!

部員が航空部のことやグライダーの魅力、今後の新歓スケジュールのことなどを説明します。
興味がある、という人も、名前を聞いて少し気になった、という人も、今のところそれほど…という人も、ぜひとも一度話を聞いていってください。
なにか新しいこと・面白いこと・珍しいことをしてみたいという人、空を飛んでみたい人、飛行機が好きな人、車が好きな人、機械が好きな人、…etc、いろいろな人が楽しめる場所です!!

また、3/30には正門前(正門から駅に向かって右手)で実際に航空部が使っているグライダーを展示しています。
テント列終了後で疲れているかもしれませんが、ぜひとも立ち寄ってください。

2017-03-29.jpg
昨年の機体展示の様子。今年はもう1機いる我が部のエースグライダーを展示します。

3/31・4/1にはサークルオリ、4/7・8には体験搭乗会が予定されています。毎年抽選となる体験搭乗会についての案内もしているので、興味のある方は是非テント列、サークルオリでお会いしましょう!

※新歓食事会など他の新歓行事も予定しています。近日中にスケジュールの一覧をお知らせします。
スポンサーサイト

3月合宿Day5最終日

3月合宿最終日について書かせていただきます、1年加藤です。

本来なら自分は合宿最終日の前日担当だったのですが、週中頃の雨の影響で第二R/Wがクローズとなってしまった影響で、本来第二での訓練の予定だった学校にこちらの最終日のR/Wを譲るかたちで撤収日が1日早まり、自分の担当が合宿最終日ブログとなったというわけです。今年度の最後の合宿記事とか責任重大ですね。。。特に何をするわけでもないのですが。。。

天気は晴れで、風もそんなには強くはなく、練習日和という感じでした。
自分が飛んだときは少し横風で着陸が難しかったです(T_T)

IMG_0303.png
↑ピスチェン時特有の頭上を通過して着陸していくASK21の図

早いものでもう1年生を名乗れなくなると思うと名残惜しいやら残念やらよくわからないです。。。
新歓がんばるのももちろんですが、ちゃんと先輩としてもっと運営面でもしっかりしていこうと思います!
以上です!来年度もよろしくお願いします!
(2018/3/24)

3月合宿Day4

こんにちは、2年の関根です。
早いものでもう新年度が始まります、、、いつの間にか3年生になろうとしています。

今日は強風でしたが、ランウェイの状況も回復し天気も晴れ。昼間は良いサーマルもありました。
昨日までは満足に飛べていなかったそうなので、良かったのではないでしょうか。
明日もたくさん飛べるといいなぁと思います。

個人的なことですが、関根は久々の妻沼です。最後に妻沼に来たのは半年以上前でした。感想は「あぁ、戻ってきてしまったなぁ」という感じ。
この前までずっとフロリダで飛んでいたので、まずはウィンチソロに出られるように頑張ります。

2018_3_day4_01.jpg
撤収。

(2018/3/23)

3月合宿Day3

2年の津田です。

今日の訓練はなしになりました。

ぐちょぐちょRW

こんなに晴れているのに……
昨日の午後から今日の朝にかけて降り続いた雨・雪の影響で、ランウェイがぐちょぐちょになってしまいました。
水たまりに青空が映ってきれいですね。

とんび

トンビはどんどん小さくなります。うらましいですね。

水位ここまで

水たまりの水位は減ってきています。
茶色い草のたまっているところが最大で、昼すぎにはこの写真まで下がっていました。

ところでいい話ですが、今日から元・中央エルグランドが仲間入りしました!!

新エルグラ

はらはい

これで東大も原田杯組です。

明日はバリらしいです。飛べるといいですね。一人で長く飛びたいです。
(2018/3/22)

3月合宿 Day2

1年船田です。3月合宿2日目の模様をお送りしたいと思います。

天気予報ではおもっくそ雨だったので今日は訓練中止かな〜とか思いながら妻沼入りしたら、雨も降ってなくて11時ごろまで訓練できてよかったですね。僕自身も一発飛べたのでまあよかったかなという感じでした。ずっと川風で偏流とらなあかんし難しかったです。

2018_3_day2_2.jpg
訓練中。東大と学習院で1機ずつ

2018_3_day2_3.jpg
撤収と同時に雨!ぴったし

僕自身のフライト面では1ヶ月ぶりということもあり、旋回中のピッチが安定しなかったり、第四旋回でオーバーシュートしたりとあまり良くなかったので明日以降修正していきたいと思います。(明日も天気悪いっぽいのでどうなるかわかりませんが。)

2018_3_day2_1.jpg
日大の撤収が1日早まったため、食べる人なき朝ごはん(38人分)が届けられました。東大はそれを譲り受けることとなり、今日は朝も昼も夜もおにぎりでした。

ではこれにて失礼します。

-船本追記-

訓練後、降り出した雨は雪へと変わり、季節外れの雪化粧となりました。

2018_3_day2_01.jpg
第1ランウェイ南エンドから

2018_3_day2_03.jpg
係留中の機体1

2018_3_day2_02.jpg
係留中の機体2

2018_3_day2_04.jpg
デルタ地帯

明日のランウェイはどうなることやら…。
(2018/3/21)

3月合宿Day0

2年の川上です。
3月合宿入り日のブログです。

複座機を2機組みました。
えんむが耐空検査から帰ってきました。
前よりすごくきれいになった気がします。

2018_3_day0_2.jpg
前席。塗装し直されていました。

2018_3_day0_3.jpg

2018_3_day0_4.jpg
プラカードもきれいになっていました。

2018_3_day0_1.jpg
柳「俺が熊谷市だ!!」(落ちていた杭で撮影。落ちていた場所に戻しておきました)

タスクは早めに終わったので、そのあとは座学をしていました。
(2018/3/19)

全国大会Day6

全国大会は本日で最終日になりました。本日のブログは4年船本がお送りします。

東大の発航順は4番で、1番手の長谷川が粘って周回しました。その他にも本日は多くの機体が周回していました。

最終的に東大は団体で3位・個人で船本が4位という結果になりました。

★最終結果

団体
優勝 慶應Discus 3256pt
準優勝 早稲田23 2687pt
3位 東大LS 1444pt
4位 青山Discus 1088pt
5位 法政Discus 897pt
6位 立教21 720pt

個人
優勝 早稲田23 佐々木選手 1776pt
準優勝 慶應Discus 山崎選手 1728pt
3位 慶應Discus 村松選手 1528pt
4位 青山Discus 川野選手 1088pt
5位 早稲田23 大庭選手 911pt
6位 法政Discus 高橋選手 897pt
7位 東大LS 船本選手 822pt
8位 立教21 朝比奈選手 720pt
9位 関東千葉工Jr 瀬脇選手 646pt
10位 名工23 竹下選手 623pt
11位 東大LS 長谷川選手 622pt

閉会式後には選手全体での集合写真を撮りました。

全体
閉会式会場にて。選手と大会実行委員会・来賓の方々。

閉会式後は恒例の土手上ジャンプです。

土手上
土手上ジャンプ!東大は21〜23番です。

その後、土手のあたりで何枚か集合写真を撮っていただきました。

東大立教集合
東大+立教。立教の人々と妻沼で会うのも最後ですね。

東海関西となぜか東大
東海関西+東大。なぜこの組み合わせだったのかは永遠の謎。手前の名大生3年生は無線チェックで妻沼に元気を届けていました。

東大集合
東大集合。2年生達には今後頑張って欲しいですね。

写真提供:Akira Uekawa様

(2018/3/17)

全国大会Day4

全国大会Day4のブログは2年永井がお送りします。

あまり条件のいい日が来ない今大会ですが、東大は現在団体5位です。チャンスがあればしっかりと得点し上位勢に食らいつきたいところです。

しかしながら天気はあまり芳しくなく朝から滞空機がありません。このまま無得点で終わってしまうのかという空気の中、各校選手は他大の偵察という名目のおしゃべりに、運営役員の柳は公式Twitterのしょーもない更新に精を出します。

bimyounasoramoyou
なんとも言えない空模様


ところが昼過ぎになると日射が生じ、滞空する機体が出始めました。各校旋回点を目指しますが簡単にはいかないようです。粘るものの遠くへは行けないらしくどの機体も帰ってきます。結局得点をあげられたのは最後まで滞空し千代田をクリアした慶應の山崎選手だけとなりました。

ということで今日の成績は個人団体とも慶應Discus山崎選手の250ptのみとなります。

通算成績は、

団体
1位 慶應Discus 1663pt
2位 早稲田23 1045pt
3位 青山Discus 1000pt

5位 東大LS 822pt

個人
1位 青山Discus 川野選手 1000pt
2位 慶應Discus 山崎選手 909pt
3位 法制Discus 高橋選手 897pt

4位 東大LS 船本選手 822pt

となっています。

最後まで何が起こるかわからないので先輩たちには健闘してほしいです。
応援よろしくお願いします。

あとどうでもいいですが、公式Twitterって後からブログ書くときすごい楽ですね。これからの大会でも運用を期待します。
(2018/3/15)

全国大会Day1

お久しぶりです。一年の船田です。

本日は全国大会の一日目。土手に出場校の旗が飾ってありました。

s_IMG_1409.jpg

天気も良くて壮観という感じでした。

開会式も行われました。↓開会式の様子。

s_IMG_1410.jpg

大会としては、四年の船本さんが周回しました。

ではこれぐらいで終わりにします。

★本日の結果
個人
1位 青山Discus 川野選手 1000pt
2位 法政Discus 高橋選手 897pt
3位 東大LS 船本選手 822pt
4位 早稲田23 佐々木選手 776pt
5位 慶應Discus 松村選手 754pt
6位 立教21 朝比奈選手 720pt

団体
1位 慶應Discus 1413pt
2位 早稲田23 1045pt
3位 青山Discus 1000pt
4位 法政Discus 897pt
5位 東大LS 822pt
6位 立教21 720pt

(2018/3/12)

全国大会Day0

起きたら電車が行ってしまいました。2年の馬です。


川上。気づいてくれませんでした。

今日は全国大会の練習日です。全国大会の参加校は以下の14校13チーム。選手は32選手。
明治大学 明治D1
千葉工業大学・関東学院大学 関東千葉工Jr
東京理科大学 理科大6
慶應義塾大学 慶應Discus
早稲田大学 早稲田23
青山学院大学 青山Discus
法政大学 法政Discus
立教大学 立教21
東京大学 東大LS
名古屋工業大学 名工23
名古屋大学 名古屋Discus
立命館大学 立命ディスカス
九州大学 九大21

今日は各校チェックフライトを行います。午前中は高層雲が張っていて静穏でしたが、午後になって晴れ間が見え、サーマルが出てきました。

まず一発目 4年長谷川さんです。
が、初期上昇が急でリチェックとなってしまいました。
二発目 船本さん。一瞬日射が出たあとだったので、20分滞空することができました。
三発目は松崎さん、この頃には晴れていたので、同じく20分ほどになりました。
最後に長谷川さんが飛び、無事チェックをもらいました。よかったです。


こういうのいいですよね。


ちがうよ。


強そうです。

明日から全国大会が始まります。いい大会になるといいです。

(2018/3/)

七大戦Day6(最終日)

七大戦最終日のブログは本文も4年船本がお送りします。
昨日までの東大は減点がかさんだこともあり、残念ながら無得点に終わっています。七大戦全体としても滞空点のみで低調な大会となっています。
しかし、予報では本日はトップが高く、周回も見込めます。今日が勝負デー!最終日での逆転を狙います。

本日のLSは1発目が松崎。条件は既に出てきているようで、旋回点をクリアする機体はいませんが滞空する機体は発生してきています。松崎も順調にサーマリングをしています。
しかし、このフライトは無線不調により残念ながら無得点となってしまいました。

2発目は船本が飛びました。離脱して少し進むと良さそうなサーマルにヒット。強くはないですがきれいに回っているだけでスルスルと上がっていき、1000mを少し超えるところまでたどり着きました。結果は4ポイント(旋回点6つ中4つめまでクリア)。条件がしぼんでしまったのか探し方が良くなかったのか、最後の第5・第6旋回点にたどり着けなかったのが悔やまれます。
このとき、同じタイミングで飛んでいた東北のAKも同じく4ポイントしました。結果的には大会全体を通して距離点を得点したフライトはこの2発だけでした。

2018_nanadai_fin_9.jpg
最終フライトの撤収ロング。つつがなく大会が終了しました。

<結果>
まず、本日の得点は東大LSと東北AKが450ptで、他の機体も数機滞空点を獲得した機体がありました。
全体を通しては以下のような得点となりました。
団体
優勝 東北大学 450pt
優勝 東京大学 450pt
3位 北海道大学 77pt

個人
優勝 脇田 伸 東北大学 465pt
2位 船本 歩 東京大学 450pt
3位 中山 珠洲 北海道大学 77pt
4位 本橋 史崇 名古屋大学 58pt
5位 岡本 壮師 京都大学 17pt
6位 田中 怜亜 大阪大学 16pt
※脇田選手の得点のうち15ptは団体得点に非算入

指定三角コース速度記録賞
該当者なし

保原賞(3年生以下の最優秀賞)
岡本 壮師 京都大学

結果として最終日に得点したことが大きく影響し、個人準優勝・団体優勝タイという結果を得ることが出来ました。

以下、閉会式の様子です。

2018_nanadai_fin_2.jpg
閉会式

2018_nanadai_fin_5.jpg

2018_nanadai_fin_4.jpg
団体優勝の賞状は2枚。篠原審判委員長より贈呈されました。

2018_nanadai_fin_6.jpg
個人優勝の東北大・脇田選手

2018_nanadai_fin_3.jpg
個人準優勝の船本

2018_nanadai_fin_1.jpg
東大・東北で記念撮影

2018_nanadai_fin_8.jpg
今日のクルーの2人

2018_nanadai_fin_7.jpg
最後の写真は東大の記念撮影・榊原教官とともに

大会を運営してくださった北大航空部の皆さん、お疲れ様でした。
10日からは全国大会。全国大会でも良い結果を残せるよう頑張ります。
(閉会式写真・集合写真は榊原教官提供)

七大戦Day5

お久しぶりです、Day5のブログは2年永井がお送りします。

せっかくの七大戦ということで、青空に舞う各大学のグライダーの写真でも載せて手に汗握る戦いの記録を残したい!……と思ってキーボードを叩いているわけですが、残念なことにこの日、青空どころか機体すら見ることがかないませんでした。よく考えたらランウェイすら見ていません。

というのも、この日は朝からしっかり雲が空を覆い、回復の見込みもなく早々にノーフライトが決定してしまったのです。

当然写真も撮ってないしさあどうしよう、と気をもんでいたのですが、青空と機体の写真、さらに航空部っぽいあれこれは本文の下にいつの間にか付け足されていくような気がしてならないのでこの際考えないこととします。

さて、先ほど写真を撮っていないと言いましたが実は正確ではなくて、1枚だけ撮った写真があります。

famima

こちら、関宿滑空場最寄りバス停すぐ近くのコンビニの駐車場に止まっていたボルボの大型トラック(トラクター)FHシリーズの1つ古いタイプを写した1枚です。かっこいいですね。
この写真ではボルボ、空き、日野となっていますが、実は写真を撮る直前までこの間にFHシリーズ最新のタイプも駐車していました。ただでさえ海外のメーカーのトラクターヘッドを見かけることはあまりないので、ボルボ同士の並列駐車に静かにテンションを上げてしまいました。
あまり日本語の情報が見当たらなかったので定訳がよくわかりませんが、古いほうが第二世代後期型、新しいほうが第三世代だと思います。第三世代のほうも負けず劣らずかっこいいので読者各位は検索してみてください。僕は前者のほうが好きです。

そもそもこのコンビニには競技開始までの待機中にでも食べようかと軽食を買いに寄ったのですが、買ったパンは無事帰宅後のさみしい昼食となりました。

そう言えばもうすぐ新歓シーズンですね。"volvo FH"で検索してこのブログにたどり着いた新入生がいないとも限らないので言っておくと、航空部ではボルボのトラックこそ運転できないものの、嫌というほどトレーラーを引くことができるし動力側ではそこそこごついトラックを運転することもできます。大学生になったら免許取っていっぱい運転したいけどしっくりくる部活やサークルが見当たらないなあと思い悩んでいるきみ、航空部へようこそ。


-船本追記-七大戦機体紹介(4)
船本が七大戦に出場している機体を紹介する、のコーナーです。
5機目はアレキサンダー・シュライハー式ASK21型・JA21ND(名古屋21)です。そろそろ同じ機種ばかりで飽きてきたかも…

DSC00877.jpg
18に進入中

名古屋大学の持っているASK21で、七大戦に来ている複座機では最も新しい機体です。

DSC00853.jpg
キャノピー周り。キャノピーはブルーキャノピー。かっこいい。
名前もついていて、「遥(はるか」ちゃんといいます。東海関西の機体は名前がついているイメージがあるのですが、七大戦に来ている複座機で名前がついているのはこれだけですね。

DSC00851.jpg
ベンチュリー管はCFRP製。ここだけ見ても強そうです。

DSC00862.jpg
着陸!名大は単座機を持ってきているので、今年の七大戦では一番飛んでいるのがレアな機体でした。写真もなかなか撮れません。
ブルーキャノピーのASK21、せっかくならば乗ってみたい機体ですね。

プロフィール(JA Searchによる)
・JA21ND
・アレキサンダー・シュライハー式 ASK21型
・製造番号 21785
・経歴
 2004/12/1 エアロビジョンが新規登録(関宿滑空場定置)
 2004/12/1 名古屋大学に移転登録(名古屋大学定置)

6機目はアレキサンダー・シュライハー式ASK21型・JA2507(九大21)です。
九州大学の持っているASK21で、毎年はるばる九州から関東まで運ばれてきている機体です。

DSC00846.jpg
18に進入中

DSC00848.jpg
塗装はASK21の旧標準色。リペイントで新塗装に替える所有者と旧塗装のままにする所有者がいるのは塗装のバリエーションが増えるから面白いです。

DSC00740.jpg
テールレターは「疾風迅雷」。ロゴの中にグライダーが隠れています。良いですね。

DSC00750.jpg
間もなく準備よし!

DSC00855.jpg
18で進入中。真横から。

プロフィール(JA Searchによる)
・JA2507
・アレキサンダー・シュライハー式 ASK21型
・製造番号 21572
・経歴
 1993/2/5 九州大学が新規登録(九州大学定置)
(2018/3/5)

七大戦day3

初めての関宿にワクワクの菊池です。

朝入りするために小田急の始発に乗ったのですが、偶然今日三月三日が複複線化の当日だったので、下北沢駅各停ホームに到着した最初の列車に乗り合わせることになりました。駅員と鉄オタとマスコミがたくさんいました。なんか特別な気分。
関宿は駅から近くていいですね。妻沼は混み気味なので、今後関宿合宿を増やしてみたいなあという考えを少し持っています。
今日は晴れて、そこそこ飛べそうかな?と思ったのですが、周回できた機体はいませんでした。

-船本追記-今日はトップが低く、少なくともウィンチ曳航ではどこにも行けないような渋い日でした。たまにはグライダーだけではなく選手やクルーの写真もあげます。

ピスト
ピストカー。妻沼と違ってピストが車に乗っかっています。木曽川も板倉もそうだったし、ひょっとしたらこっちのほうが世の中の主流…?
主管の北大の方々や教官方を中心にピストは運営。お疲れ様です。

津田
今日は書記としてピストで働いていた津田。顔を覆いすぎて誰だかわからない。

川上・長谷川
何かを熱く語る長谷川(右)とそれを聞いているような聞いていないような川上(左)。

LS・松崎・川上
LS周りで機体を見る松崎、川上、長谷川さん(東北大M2)。角田でLS4を乗り回している(?)長谷川さんはLS8に興味津々の様子でした。

-船本追記-七大戦機体紹介番外編(1)
Day3とDay4の機体紹介は番外編です。土日だったので対岸で社会人&関宿ベースの大学航空部がATを行っていました。普段見ることの少ない機体がたくさん飛んでいたので紹介します。
今日は「プロペラがついている機体」編です。

ロバン
1機目は関宿の曳航機・ロバン。(JA4016 / アビオン・ピエール・ロバンDR400/180R / NPO関宿滑空場)
妻沼にいるハスキーよりもしっかりしていそうというか、より「飛行機」という感じがします。もちろん両方飛行機なのですが。途中で上方向に折れ曲がる主翼が特徴的です。

パイパー
2機目は関宿にいるもう1機の曳航機・パイパー。(JA4087 / パイパーPA-18-150 / NPO関宿滑空場)
見た目は妻沼のハスキーに似ていますが、翼端が丸いのが特徴です。黄色いのでよく目立ちます。青空によく映える機体です(と言いつつ着陸進入の写真を今回は撮っていないのですが)。

スーパーディモナ
3機目はモーターグライダー・スーパーディモナ(JA00CN / ダイヤモンド・エアクラフトHK36TTC / 個人)
スーパーディモナは軽飛行機形のモーターグライダーで、飛行機とグライダーの中間のような見た目です。法政のOBの方々が使用しているようです。

DG400
4機目は京浜のDG-400。(JA2370 / グラザー・ディルクスDG-400 / 個人)
DG-400は量産機としては世界初の自力発航とエンジンの格納が両方可能なモーターグライダーだそうです。関宿にいるこの機体は京浜ソアリングクラブのクラブ機です。
日曜日は背中にエンジンを積んでいるタイプのモグラの自力発航の様子を初めて見ることが出来ました。

DG400
翼端は車輪になっているので、タキシングも発航も翼端入らず。翼端をコロコロ引きずりながらランウェイをタキシーバックしてそのまま発航していきました。かっこいい。

DG400
着陸の様子。エンジンを格納すると普通のグライダーです。

(2018/3/3)

七大戦Day2

1年加藤です。七大戦Day2を担当します!

...と言っても今日は横風のため競技中止となってしまいました、、、
自分は初めての関宿で楽しみにしていただけに残念です○| ̄|_

妻沼の空しか知らない自分としてはいつか関宿で飛んでみたいものです。

書くこともないので今の自分の訓練の進度について少し
最近やっと機体を壊さないで着陸できるようになったかなという感じです。
場周経路を意識した飛行を心がけて、練習に取り組んで行きたいと思います。

-船本追記-七大戦機体紹介(3)
船本が七大戦に出場している機体を紹介する、のコーナーです。文量的にこれがメインコーナー化しつつある…。部員各位は来年度のためにも頑張って欲しいですね(老害並み感)

3機目はアレキサンダー・シュライハー式ASK21型・JA2470です。関宿滑空場で活動する本田航空研究会の21ですが、七大戦では北大が借用しています。

DSC00830.jpg
18で進入中。

DSC00705.jpg
36で進入中。

DSC00733.jpg
塗装はASK21の初代塗装ですが、リペイントしているのか表面はきれいです。テールにはホンダのロゴがペイントされています。

プロフィール(JA Searchによる)
1991/7/3 個人が新規登録(関宿滑空場定置)
以後数回移転登録(常に関宿滑空場定置)

4機目はアレキサンダー・シュライハー式ASK21型・JA2380(阪大21/さんはちまる)です。
大阪大学が持っているASK21で、かつて東大が持っていたJA2379(えんむ21)と連続番号の兄弟機です。

DSC00778s.jpg
塗装は紺色で、パロマ(JA2520)のよう。

DSC00746.jpg
18で進入中。シンプル塗装。

DSC00742.jpg
ベース。

プロフィール(JA Searchによる)
1987/2/28:大阪大学が新規登録(定置場:大阪大学)
(2018/3/2)

七大戦Day1

2年の馬です。お久しぶりです。
関宿の寝床はベッドです。いいにおいのお布団とやわらかい枕です。4時ごろ雨と風の音で目が覚め、うとうとしながら気持ちよく聞いていました。
今日はノーコンです。また明日。

すやすや

また、大変遅くなってしまいましたが、妻沼のきゅうり農家のあらいさんからいただいた野菜で昨晩お鍋をしました。しゃきしゃきで大変おいしかったです。妻沼の味がしました。あらいさんごちそうさまです。

なべ

お腹いっぱい。

-船本追記-七大戦機体紹介(2)
船本が七大戦に出場している機体を紹介する、のコーナーです。

2機目はアレキサンダー・シュライハー式ASK21型・JA40AK(東北21・アルファキロ)です。

DSC00736.jpg
JA40AKショルダー中。

もとは秋田大学が持っていたASK21ですが、それを東北大が譲り受けた機体です。

DSC00739.jpg
40AKは北緯40°あきた(A)こまち(K)の頭文字とかなんとか。

DSC00737.jpg
塗装は標準的なASK21の塗装ですが、ノーズの全圧孔の下にはあごひげ(?)がついています。衝突防止マーキング?
ちなみに、かわいそうなので写真は撮らなかったですが、表面はどこかのASW24を思い出すようなボロボロっぷりでした。近いうちにリペイントに出すとか。

DSC00738.jpg
機内。計器盤にはVHFしか装備していないため、HFは前席の右の方についています。マイクがついているのが面白い。

DSC00867.jpg
18で進入中。

DSC00900.jpg
36進入中。

DSC00863.jpg
ベースレグを飛行中。

プロフィール(JA Searchによる)
1996/12/12 エアロビジョンが新規登録(関宿滑空場定置)
1997/2/24 秋田大学に移転登録(四ツ小屋滑空場定置)
2009/9/17 東北大学に移転登録(東北大学定置)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
リンク
このブログをリンクに追加する
バナー
『この大空に、翼をひろげて』たった一つの青春がここに― 風戸依瑠Ver
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。