FC2ブログ

七帝戦を振り返って

どーも。3月いっぱいで隠居予定の某主将です。

つい先日一ヶ月にわたる合宿生活から開放されましたんで、七帝戦とかについて簡単に記しておきたいと思います。ホント、今更って感じですが…


DAY1(2/27)
終日雪。ノーコンテスト。

DAY2 (2/28)
たぶん、コンディションは期間中最高。京大21に続いてジュニアもなんとか周回。が、ゴールミスやらセクター外やらで今ひとつすっきりしないフライトでした。

写真、結構練習したのになぁ。利根川橋で3回もシャンデルするハメになったのはここだけの秘密。
地上からバッチリ目撃されてましたが。。。

☆ちなみに七帝戦のタスクは一周約20kmのコース×2です。旋回点は6個(!)あります。
それぞれの旋回点はそんなに離れてないので周りやすいんですが、やたら長くて心が折れそうになる・・・
コンプリートするには24km以上に根気が必要かと。

DAY3 (3/1)
一面の曇天のはずがそこそこの条件。ジュニアも一時間半かけてゆったりゆったり周回。減点もなく無事1000点キック。
強い沈下が少なく、比較的飛びやすい一日でした。

DAY4 (3/2)
強☆風

の割りにいいプラスは少なく、各機滞空するも旋回点にはたどり着けず。が、そんな中阪大23のみ3ポイント。どうやらちっちゃな前線が来てたみたいです。
も少しねばっときゃよかったー

DAY5 (3/3)
最終日。またも曇天。おまけに午後にかけ雪(!)の予報。
まー条件は、ね・・・と思いきや、朝一から意外とプラスが出てました。なぜ??

諦めたらそこで試合終了だ!という感じでひたすら粘りのフライト。
なんど場周高度から復活したことやら。

条件としては弱いながらも芯のしっかりしたプラス。ただ非常に狭い。。。
複座機だとつらかっただろうな・・・

結果運にも助けられ、3時間とカメ並みの速度でしたがなんとか周回達成できました。地上の皆さん、最後の最後までお待たせして申し訳ありませんでした。。。



☆最終結果☆

<個人>

優勝   東  (東京)   2879点
準優勝  池田 (京都)  1085点
3位   大友 (東北)   943点
4位  金井 (名古屋)  843点
5位   浅野 (大阪)   708点
6位   北村 (大阪)   449点

<団体>

優勝    東京大学   2879点
準優勝   京都大学   1506点   
3位     大阪大学   1385点
4位     名古屋大学  1205点
5位     東北大学   1012点
6位     九州大学    84点
7位     北海道大学   33点

<保原賞(新人賞)>

東 (東京大学)


という訳で無事首位を守りきることができました。クルーのみんな、応援して下さった皆様、本当にありがとうございました。

なんか機体性能に助けられた感が強いですが、一応関東大会の雪辱を晴らすことができて何よりです。

この調子で来年はW24で連覇!!と行きたいですねっ!

<余談>

七帝に引き続き、3/15まで全国大会に行ってきました。役員で。

実のところ選手として出場できないのが悔しくて、始めはあまり気乗りしなかったんですが、終わってみると参加してきてホントによかったと思います。上手い人のフライトからは学ぶものも多かったですし、他支部の人たちともたくさん交流できました。

・・・でも、地上で見てるとやっぱり飛びたくなりますね。

来年こそはっ!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
リンク
このブログをリンクに追加する
バナー
『この大空に、翼をひろげて』たった一つの青春がここに― 風戸依瑠Ver