FC2ブログ

七大戦途中経過

現在七大戦Day4、降雨によりノーコンとなってしまいました。

点数の途中経過です。

~団体~
1. 名大 2018点
2. 京大 1198点
3. 東大 1013点
4. 東北  428点
5. 阪大  245点
6. 九大   40点
7. 北大   7点


~個人~
1. 名大 波多野 2000点
2. 京大 粟津  1198点
3. 東大 瀧本   901点
4. 東北 尾白   428点
5. 阪大 近藤   226点
6. 東大 岡本   112点



☆Day1~Day3までのハイライト☆

Day1
コンバージェンスによるワンチャンス勝負。
1番手の岡本はW24にて数発バッタフライトの後、滞空点狙いのためにJrに移行。
そしてこのタイミングで前線が到来。
1時間弱の滞空の末、2ポイントで着陸。(距離点は3ポイントからつくので滞空点のみorz)
2番手坂野が搭乗したころには、条件がしぼんでしまっており、得点ならず。
この日は、周回機2機、3ポイント2機、滞空機4機。

この頃、瀧本は東京に帰還し、徹夜で製図の諮問を受けていた。

Day2
シベリアからの高気圧が到来し、寒気に覆われ好条件が期待された日。
1番手岡本はW24にて朝の一発目から滞空。
1ポイントクリア後、低い高度で粘りのフライトを見せたが、1時間弱で着陸。滞空点を獲得。
2番手瀧本はJrに搭乗し、2時間かけてゆっくり周回。第6旋回点の通過範囲が実はセクター外でした。
周回機2機、4ポイント1機、3ポイント1機、滞空機5機。

Day3
上空が暖まっており、高度400m程度に逆転層がべったり。滞空点勝負の日。
12時頃にJrで瀧本が27分滞空。この時点でのデイリー。
14時半頃にJrで飛んだ岡本が1時間を超える滞空をみせ、デイリーを奪取。
クルーフライトの時間になっても滞空を続け、地上の1年生はぶーぶー言っておられました。


最後に、得点された選手2人の紹介です。

現在個人3位 瀧本選手
IMG_8434.png

現在個人6位 岡本選手
IMG_2855.png
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
リンク
このブログをリンクに追加する
バナー
『この大空に、翼をひろげて』たった一つの青春がここに― 風戸依瑠Ver