FC2ブログ

5月合宿

5月合宿

Day -1 Jr.組み日

入り日の前日ですが7時駒場出発し9時過ぎに妻沼に到着しました。
天気は素晴らしく、五時間滞空達成などの成果を聞きつつの準備日でした。
入り日にやるはずだったパロマの定点を学習院がやっていたので手伝いつつJr.を組みました。

作業は14時頃に全て終了し、空いた午後を使って利根大堰に行きました。
魚道を遡上する魚を見つつ覗き窓の材質や構造について議論を交わし、水密戸の装甲厚に盛り上がりました。
その後利根大堰下流で胴長を履いて釣竿を持って遊んでいる人が沢山いたので川岸で水と戯れました。

P5261444.jpg


Day 0 入り日

入り日は車組が昼入りとなったので、前日からいる部員は渡し船で水門の視察に向かいました。
指定養成の近い部員がいるため、対地360度旋回の目標地を現地でよく確認しました。

KC3V0005.jpg


車到着後、25日辺りから続く素晴らしい天気の下24にワックスを掛けたり21を係留したりしました。
残念ながら明日から合宿終わりまで天気はあまり良くなさそうです。


Day 1

少人数のためのんびり気味の日でした。
トップは1000mを超え、周回や滞空練習が行えました。
12時頃から雨雲が接近し、13時頃には雷も接近してきたので撤収となりました。

雨が降り止んでからウィンチの整備も行いました。

2012-05-28 17.20.09
▲干し草


Day 2

この日は大学に実験に戻りました。
実験講義でグリニャール反応や高分子の合成について学んだあとに実験に使う器具の洗浄や秤量を行いました。
また、以前作成した物質を確認するためにIR解析や融点測定もしました。IR測定の時の手際の良さに更なる磨きがかかりました。
実験が終わったあとは上野駅まで歩いて行きました。不忍池からのスカイツリーはなかなか見事です。
Picture052912_154712.jpg
上野駅では寝台特急カシオペアに遭遇しました。ディーゼル発電機を積んでいるので前の方はすごくうるさいです。これは非電化区間でも客車に電気を供給できるようにしているのです。
Picture052912_160557.jpg
熊谷駅でつけそばを食べてから妻沼に行きました。
バス停から宿舎に行く途中雨に降られて、しかも雷がなっていたので傘もさせずずぶ濡れになりました。


Day 3

朝から先日の午後のような爆上がりDayとなりました。
ほとんどの人が単座滞空か周回が目標のため、4機全部が10時から出払い、教官二人と飛んでいない部員は日向ぼっこを楽しみました。
4年剱田は10時に出発し16時過ぎまで帰って来ませんでした。

P5301469.jpg

他にも3年梶が2時間滞空、坂井尾亦日比が1時間滞空(尾亦は30分も達成)、2年森本が30分滞空を達成しました。
日比のJr.フライトログ

条件が落ち着いた16時過ぎに、2年クーメリアカキが1st soloを達成しました。

P5301499.jpg
P5301506.jpg
▲余裕の笑み

また撤収間際に2年森本がJr.移行を達成しました。
Jr.壊すなよという声援の中飛び立ち見事にバルーニングを決めてくれました。

P5301513.jpg


☆本日(と先日)の成果ダイジェスト☆
4年
剱田 24製造後初の6時間以上滞空
3年
日比 梶 2時間滞空達成
坂井 尾亦 森久 1時間滞空達成
尾亦 30分滞空達成
坂井 初△24周回
平田 城沼到達(妻沼から15キロ)
2年
森本 Jr.移行 30分滞空
クーメリ 1st solo

クーメリと梶は祝われずに帰ってしまったので金曜夜に盛大に祝われます。

Day 4

どんよりした空の下、計7人でフライトを行いました。
朝は全面雲に覆われていましたが積雲はそこかしこにあり、10時ころから晴れている所が出だし浮く機体も出始めました。
人数の都合でASW24は使いませんでしたが、12時頃からJr.と2機のASK21を使用し単座滞空練習を行いました。
雲底はあまり高くないものの△24キロコース沿いにラインが出来ており、ドルフィンフライトで旋回点をクリアしました。
雲が多く、雲の移り変わりも激しい日で、先日までとは違う天気でした。

条件が落ち着いた頃に銅賞試験フライトを行い、3年日比と尾亦が合格し銅賞を手にしました。
静穏な時間には一年生も操縦練習を繰り返し行い、機体取りに走る距離が増えました。

☆本日の成果☆
3年 
尾亦 1時間滞空
日比 初△24周回 28ソロ到達
尾亦 日比 銅賞達成
2年
森本 2nd,3rd Jr.

Day 5

予報通りの雨のため5時に雨音で目が覚め、飯起きで9時頃まで宿舎待機となりました。
ふと外を見るとバネットが大変なことになっていました。

P6011525.jpg

日比のパロマフライトログ

Day 6

一年生が夜入りし、参加人数が一気に倍増しました。
10時過ぎからサーマルトップ700程で、時間経過とともに上昇していく様子でした。
第二R/Wで立教中央が合同でフライトしていたため、第二の23とガグルを組むことが多々ありました。
一年生は各4~5発回り、久々のベーシック祭りとなりました。

写真
▲3rd出発前

クーメリは2nd,3rdソロに出発し、3rdソロでは1000m程から降りるのに苦労した結果55分滞空してきました。
他にも滞空機が多々あり、中央23は五時間滞空に成功していました。


☆本日の結果(先日も)☆
3年

梶 銅賞試験 欠席
坂井 森久 2度目の一時間滞空成功
森久 初周回
日比 対岸なしピスト片チェック

2年

森本 1時間滞空 初周回
クーメリ 2nd,3rdソロ 30分滞空

Day 7 最終日

妻沼暮らしも8~9日目に突入し、前日の天気予報から飯起きを期待して目覚めると一面の曇天。
10時頃には晴れ間も覗きだし、気象庁、ピンポイント天気、weathernewsとあらゆる天気予報大外れの(妻沼だけ)晴天となりました。
結果的には前日Jr.と05KHをばらしたことを少し後悔する良い天気となりました。
土日だけ来ている一年生をパロマ1機を使って1人三発回し、上達の早い一年生は着陸も自分で行なっていました。

梶は銅賞試験を再受験しましたが、不可りました。

P6031549.jpg
P6031558.jpg
▲頼もしい動力係の人たち

結局一滴の雨もふらず1630に最終ランディング後全力でパロマをばらし合宿を撤収しました。
帰りの陸送ではトレーラーを繋留してまですたみな太郎に寄り妻沼で不足していた生鮮食品を補充しました。


スポンサーサイト

テーマ : 東方イベント - ジャンル : サブカル

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
リンク
このブログをリンクに追加する
バナー
『この大空に、翼をひろげて』たった一つの青春がここに― 風戸依瑠Ver