FC2ブログ

全国大会2013

全国大会2013

Day(-2) 入り日

保原杯を修理しました。

IMG_20130228_122003.jpg

芋ハンダの上にメッキも表面もぼろぼろなのでそろそろ買い換えでしょう。
厨房でお湯で洗ったので変なにおいが立ちこめました。

Day(-1) 練習日

風の弱い日でピスコー(関西風)があり19機がぞろぞろと陸送しました。
ショート気味を狙いたくなるのか(わざと)ドショートする選手が続出しそのたびにピストに呼ばれていました。
朝から視程はぎりぎり5km、全面の雲で太陽も見えず初ソロ日和となりました。
ウインチは赤祭りで、カンカン(大)が数回、索が足りなくなった赤、セレクター間違い赤、索寄せ赤、何らかの赤などで不毛な待機が繰り返されました。

RIMG0132_20130301212059.jpg


東大チームはD大所属のASW28をなめ回すように観察し、ASW24との違いと豪華装備に嫉妬しました。
バリオが3つもあったりFlarmや見やすいコンパスがあり、GPS内蔵フライトコンピュータは次の旋回点までの距離、必要高度、最良滑空速度を表示するなどD大の財力を感じさせるものでした。

RIMG0089.jpg

Day0 めぬまグライダーフェスタ

本日はめぬまグライダーフェスタでした。
機体を組んで妻沼ローカルに見ていただくべく我々は意気込み高く0600に起き0610に出発しましたが他に誰も来ないまま、強風のため機体は組まなくてよいという指令が流れました。

sIMG_2278 (2)
東大チーム(森久はさぼり)

予報通りの妻沼の本気を見せつける強風で、もうもうと砂塵が舞い上がるほど吹く中でもFOXのパイロットはきれいにアクロを決めていました。

sIMG_2392-3.jpg


妻沼聖天山にちなんだゆるキャラ「煙霧ちゃん」も登場しましたが、強風で首がもげるため風上にのけぞり首を必死に押さえていました。

sIMG_2269 (2)

強風で観客が吹き飛ばされたため午後からのコンサートは中止になりました。



開会式も行われ、おっさんの写真もたくさんありますが、昼飯のつけめんがなかなか濃かったので貼ります。

IMG_20130302_142930.jpg
福は内@道の駅めぬま 辛つけ麺中


Day1

今日は競技初日でした。

朝はそれほどサーマルは強くなかったようでなかなか周回する機体はありませんでした。
しかし風が弱まるにつれ条件が良くなったようで、慶應の2機を皮切りに次々と各大学の機体が周回を果たしました。
東大24の剱田選手も4発目のフライトで見事周回を果たしました。

IMG_4289.jpg
見事周回し笑顔の剱田選手

Jrは森久選手が飛んだ時間帯が周回ラッシュとなり、大きなプレッシャーがかかりましたが見事周回しました。

IMG_4124.jpg
ノリノリの森久選手

IMG_4188.jpg
東大24

IMG_4146.jpg
東大Jr

Day2




IMG_4415.jpg
機体を押す小松クルー。搭乗者は1年山内。

IMG_4326_20130309234102.jpg

大会2日目ともなると各校の応援にも力が入る。



Day3

大会4日目が無事終了しました。さて、今日は昨日に引き続きクルーバイトの小松君に加えて、理科大の三ツ目君がはるばると妻沼にやって来ました。もう半年も飛んでないため、次飛ぶのが不安でいっぱいの小松君。森本にいじられることが不安でいっぱいの三ツ目君。(意味不明)しかしそんな彼ら二人とも早くソロに出て自家用取得目指して努力していきたいと思っている。頑張ってね!!応援してるよ!!(写真があれば貼って下さい。)

IMG_4495.jpg
小松くんと三ツ目くん

今日は強風の影響で、離陸や着陸にも苦労し、さらには発航中止も相次ぎましたが、サーマルが結構ありました。今日のトップは高度1,350mを記録した剱田です。おめでとう!!しかしそんな剱田だが発航中止時、「この時間を有効に使わなくっちゃ!」と考え出した。ただゴロゴロしていただけだが...。さらにゴロゴロしていた剱田の胸を山内が枕にするというとんでもない事態に。この二人の関係はいったい・・・?まあーでもいつものことか。(写真があれば貼って下さい。)
どの大学も気合い入れて頑張っています。東大もさらに気合いを入れていこうと思います!

IMG_4456.jpg
今日の慶應

Day4

テストのため娑婆に帰ったが魔が差して昼飯にすた丼でチャーハンを食ってしまい苦しかった。(日比)
福は内のつけめんがよかった。(尾亦)
クルーが帰ってしまったので先輩と二人っきりでドライブデートに行き寂しさを紛らわした。(舩橋)
索点を忘れJr.の前でごろごろしていたため日大に索点をさせてしまった。ごめんなさい。(森久)
24が最終発航に間に合わなくて残念でした。(山内)
スノボがうまくなった(柴田)


Day5

もう妻沼は春の空気です。暖かな南風がそよそよと吹く爽やかな天気でした。

気温が上がり花粉が大量に飛散したらしく、花粉症の選手は死にかけていました。
視程も悪く朝からべったりと層積雲が空を覆い、消えたと思えば巻層雲が太陽を隠し、Jr.が出撃するも粘れずKa-6に負けました。

サーマルの状況も典型的な春のサーマルに近づいてきた印象で、バブル状にホットスポットから発生しては消えという条件が一日続きました。
もう少し暖かくなったら安定した上昇風帯になってくれそうな感じでしたが、今日の条件では滞空するのすらなかなか難しく日比はほとんどゲインできませんでした。こんな天気でも5人も周回者が出ました。

剱田選手はW24をラインナップしつつ虎視眈々と条件が上がるのを狙い、タイミングよく出撃し本日最速で周回を決めました。



剱「日比を花にたとえると…」
日「アロエ」
舩「ラフレシア」

IMG_4822.jpg
東大24の着陸

Day6

ウェザブリでは南風が予報されていましたが教官予報か何かで北風セットが決定されました。
Jr.を南エンドに陸送して弱い正対風~背風の中競技開始しました。

ほどなくして南風が強まりピスチェンを行い、12時くらいにJr.とW24が続けて出撃するも高度を獲得することはできませんでした。

再度Jr.とW24が出撃しますが、狭いコンバージェンスの上昇風帯しかなく他は弱いプラスかド沈下まみれの上、蚊柱のごとく上昇風帯に機体が集っているという条件だったので、Jr.は撃沈してしまいました。
W24は無線を駆使してうまく高度差を取り蚊柱に機体をねじ込むことに成功し、見事周回を成し遂げました。

img_4870.jpg
東大24ゴールOK

ウェザブリ通りに天気が移り変わるならピスチェン返しになるはずでしたが、平穏な南風の時間はやはり長くは続きませんでした。
15時前に少しづつ風が回り始め、チェックフライトのごとく背風の中森久がJr.で飛ばされるもやはり撃沈しました。
ラインナップして機体の撤収を始めていると突然北風が5mほど吹き始め、そのまま競技終了となりました。

寒冷前線かなぁと思いましたがクルーを何人か索点に送り、撤収を始めました。

繋留とばらしのため、2機の陸送を始めた途端クルー全員連れてこなかったことを後悔するほどの猛烈な北風が吹き始めました。
南エンドに近づくにつれ風が強くなり、南エンドは常にもうもうと砂塵が舞う10~20m/sの強風で他大のクルーも総出で協力してもらい、なんとかして機体をばらしました。

撤収後九大の選手と機体委員長の要請によりなぜか日比がJA05KHの50点をやらされることになり、外メシ外風呂にいく部員を見送り整備(の監視)をしました。

IMG_4781.jpg
今日の慶應

IMG_4796.jpg
テストが終わり妻沼にやってきた班

img_4848.jpg
2機同時進入

Day7


IMG_4844.jpg
リトマンの責任は重い

img_4876.jpg
1年全員にコーラを買ってくれた赤嶺さん

img_4889.jpg
横風待機

img_4929.jpg
春の訪れ

Day8

4年剱田選手は前日の時点で個人1位でしたが、2位とは200点差のためワンポイントでもされれば逆転という状況で競技が始まりました。
くじ運が悪く東大24は4番の発航順で、サーマルのかけらもなかったため早々に着陸してしまいました。
閉会式のため最終発航が13時なので2発目は回ってくるかどうかわからず、他機の動向を見守りつつ条件が上がらないことを祈る最終日になりました。

そんな中東大Jr.で出撃した日比が必殺「ヒューズカッター」を発動し、200mで離脱し発航キャンセル。
次に発航した名大Discusもヒューズ切れ、キャンセルで名大の次につけたJr.がまたヒューズ切れ。
ウインチマンの腕がよく、全くウインチトラブルは発生しませんでしたが、高度200m~300mに強烈なウインドシアがあり機体が急増速することでヒューズが切れてしまったようです。


索切れ動画

sIMG_2419.jpg

井上監督がW24のトータルエナジーチューブケースが余りにもボロボロなのを見てなんとケースを新調してくださいました!
監督お手製のケースを食堂で仕上げてくださいました。

気になる総合結果は次の記事で!
スポンサーサイト



テーマ : 飛行機(航空機) - ジャンル : 旅行

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
リンク
このブログをリンクに追加する
バナー
『この大空に、翼をひろげて』たった一つの青春がここに― 風戸依瑠Ver