FC2ブログ

2013年度 スキー合宿

Der erste Tag
ドーモ、ドクシャ=サン。ハヤシです。
スキー合宿1日目の記事を2日目の夜に書いてます。
(一部の人を除いて)クリスマスにもかかわらず尾亦邸に夜入りし、一泊して信州へ。
南諏訪ICで高速道路を降りた時、先頭を走っていたアルファードが社会人クラブの所有物と思われるハウトレを発見。一気にテンション急上昇する航空部員たち。
「あれハウトレじゃね!?」
「ハウトレだ!」
「(ASK)21じゃね!?」
車を飛び出しハウトレへ。
IMG_20131226_100707.jpg
ハウトレを発見し大盛り上がり

ゲレンデ到着後、数グループに分かれ滑走。
僕は2年の柴田さん、川島さん、1年の新井と共に今回初スキーの陶山の練習に付き合ってました。
画像は先輩が撮ってるはずなのでまた後日アップします。

~本日の成果~
陶山:初スキー→初級
藤田:初級→中級

~本日の迷言~
藤田:「(新i某部員に対して)せめてズボンは脱げよ」

Der tweite Tag

スキー初心者の一年発地です。

本日は、6時起床で一人ガチかまくらを作っている次期主将を横目に、7時過ぎに起床し10時頃から訓練を開始しました。
初級コースでチェックを済ませた後、一年全員で頂上に向かいましたが、中盤でインクラウドし滑り始めると視程10メートルという過酷な条件の中で、なんとか下りました。

昼からは少し回復し、ひたすら初級・中級を滑り、各々課目をこなして技能向上に励みました。
私の合宿目標(パラレル移行)の達成は難しそうだと感じました。

昨日初めてスキーをした部員が中級移行を果たした頃、悪天候で閉鎖された上級コースに行けず飽きてきた部員たちは、初級のはずのコースで順路と逆旋回をし、一見滑れそうな直線に突っ込んでいきました。
結果、途中で強烈なプラス(飛べるくらい大きいコブ×3)にぶちあたり、何度も前転したり大破したりする部員が多発しました。
その後も何度も果敢に挑戦し、その上新しいコースを開拓すべくさらにコースから外れていきました。
そしてついに、明らかに誰も通ってなくてふかふかで真っ白なのに、明らかに大赤の雰囲気漂うコース(?)に突入し、案の定強烈な沈下にぶち当たり、膝下まで雪に埋まる部員が多発し、生存率3割という結果になりました。

そんな感じで撤収し温泉に行き、夕飯は剱田さん・山内さんの手料理をいただきました。
明日の最終日も頑張りたいです。


本日の成果
陶山 :中級移行
原・林:内藏撃墜

本日の迷言
藤田「俺、ノーマルだよ」

シバタさんの作品
鎌倉

El tercer día
スぺ語と戦う1年尾亦です。今にも負けそうですが。
さて、スキー合宿も本日最終日を迎えました。前日夜にはしゃぎにはしゃいだ部員たちは目をこすりながらスキー場へと出発しました。はるか彼方に富士山を望めるほど視程は良好で、気持ちよく滑ることができました。妻沼の気候に適応した部員にとって氷点下の気温などなんでもないのであります。
だんだんコースに慣れて調子にのってきた1年数名は、無謀にも上級者コースへ挑みましたが、1名が斜面を数十メートル滑落し、全身全霊でもって雪だるま…というより雪崩を体現する結果となりました。
そんなこんなで妙なテンションになった1年たちは撤収時間のことなどすっかり忘れ、やらかしノートの格好のネタをつくるのでありました。
panda2.jpeg
林「Code Name:Panda Mission Complete!」

スキーを終えた航空部員一行は、車内でヲタヲタしたりホモホモしたりしながら信州をあとにするのでした。

本日の名言
柴田「俺には二次元がある!!」

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
リンク
このブログをリンクに追加する
バナー
『この大空に、翼をひろげて』たった一つの青春がここに― 風戸依瑠Ver