FC2ブログ

4月合宿Day5

大変ご無沙汰しております、4年の新井です。
ブログの記事がつまらないということで長らくブログ係から追放されていましたが、今日は頑張ってブログを書きたいと思います。

本日は4月合宿の5日目でした。この日は訓練に参加する部員に対して占有の機体が1機あるという航空部のユートピアとでも言うべき一日でした。
天気も晴れの予報だったため条件が出ることをひたすら祈り、各自朝の準備を進め出撃の時を待ちました。
thumbnail_5R8A2948_2.jpg
朝の準備中(人類の進化に見えます)



訓練が始まって10時過ぎ、偵察もかねて東大24で一番乗りで出撃した発地が高度を上げています。
条件が出ていることを確信した新井は、グランドクルーが少なく絶対にバッタは許されないという殺伐とした空気の中、10時半過ぎに出発しました。

thumbnail_5R8A2969_1.jpg
バッタの恐怖と戦う出発前の新井

上空はサーマルもありましたが強い沈下が多くなかなか高度を上げることが出来ません。
発地が周回している無線を入れているのを聞き、置いていかれまいと自分も何とかサーマルにしがみついて周回の練習をしていきました。
その後は無線のチェックも兼ねて東大Jrに搭乗した原も加わり、上空で新井・発地・原という4年生のライセンサートリオでガグルを組んだりと、とても楽しくフライトの時間が過ぎていきました。

しかし長時間飛んでいるとやはり少しずつ疲れていきます。春霞がかかった空の中、淡々と流れていくサーマリング中の景色を見ていると意識がぼーっとしはじめ、夢心地のようです。
大声で奇声をあげたり、ブツブツ独り言をつぶやいたり、サングラスを付けた時と外した時の景色の違いを楽しんだりすることで眠気を乗り切っていきました。
ここまできたら飛べるだけ飛ぼうと決意し、機内にある時計が15分進むまでは降りないぞ、ということを延々続けていきました。
(こういう時に限ってなかなか時計の進みが遅くて困ります)

15時が過ぎ、外からベンチレーターを通して機内に入ってくる空気が涼しくなってきて条件がしぼんできたかもしれないと感じたので、コンスタントに条件がよかった田の字の上空にへばりつき、なるべく沈下が少ないところで気合と根性で滞空を続けました。
高度が400mに近くなり、もうダメかもしれないと思ったとき、ピストのアンドリューから
「5時間達成おめでとうございます」
と無線が入りました。
本当に感無量でした。
最大の懸念事項である着陸も何とか成功し、無事5時間トライを成功することが出来ました!
thumbnail_5R8A3346_3.jpg

いやもうほんとに飛ばしてくれた部員のみんなに感謝です。
夜にはめでてぇを行い、お寿司と引き換えに財布から諭吉が飛んでいきました。
僕はまだまだ下手くそですが、5時間の経験を活かしてこれからももっと上手に飛べるよう精進していきます。

長い1週間の4月合宿も残すところあと2日間です。
天気が悪くなっていく予報ですが、明日にはくら、長谷川、松崎の技能審査も控えています。成果をたくさん上げられるよう残りの合宿も頑張っていきましょう。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
リンク
このブログをリンクに追加する
バナー
『この大空に、翼をひろげて』たった一つの青春がここに― 風戸依瑠Ver