FC2ブログ

六大戦Day3

六大戦Day3、ブログ担当の林です。
1年生たちは初大会ということで初々しいブログ記事を書いてくれているのですが、流石に4年目ともなると彼らのような記事を書くのはなかなか難しくなってきますね。

さて、大会3日目(実質2日目)の本日ですが、昨日雨のためノー・コンテストとなり、各校十分な休息を取ったため選手のコンディションはバッチリです。

競技発航開始時刻である10時半時点では積雲も発達しており、条件も見込まれたのですが、機体性能の差やウインチトラブル、救難ヘリの来訪などの影響で東大は渋い戦いを強いられることとなりました。

hara
フライトに向けて空を観察し戦略を立てる原(と、機体にへばりつく上田)

heri
来訪した救難ヘリ

hotchi
ウインチトラブルで待機を強いられる発地

午後からは条件も渋くなり、LS2番手の新井がなんとか周回してきたものの団体周回数としては3周に留まることとなり、良いタイミングで発航し、キッチリ5周してきた慶應に点差を広げられることになってしまいました。

とはいえ、現時点で東大は個人1位、団体2位の好順位につけています。なんとかこのまま逃げ切り、あわよくば個人団体優勝を目指して欲しいものです。
明日以降の天気予報は改善しており、条件も見込まれます。大会はまだまだこれから、選手のみんなは頑張ってください。

(2016/9/5)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
リンク
このブログをリンクに追加する
バナー
『この大空に、翼をひろげて』たった一つの青春がここに― 風戸依瑠Ver