FC2ブログ

六大戦競技初日!!!1

早川です。剱田はウインチの修理に一日中駆り出されていたのでwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww








というわけで早川は今日も相変わらず調子が出ないので、ここで登場したのが1年生の赤嶺です。
こんにちは。

今日は六大戦競技初日でした。
通常の訓練と異なって6時に起きる必要がなく、7時半の朝食に合わせてその直前に起きればよいという若干気楽なスタートでした。
ただし、明確に起床時間が決められていないということには欠点もありました。おそらく7時にはほとんどのメンバーが目を覚ましていたのですが、周りの人々が皆そのまま横たわり続けているため、時折携帯電話で時間を確認するふりをしながら戦々兢々として周囲の雰囲気をうかがうこと30分。その時、自分の隣で寝ていた早川が先陣を切って立ち上がり部屋を出て行った気配を背中で感じた。これは一日の幕開けの兆しなのかと考えつつも、そのまま空気を監視し続ける。数分後、ドアの開く音がした。早川が畳に歩幅を刻む音が聞こえる。早川の動きに注目が集まる。起床のタイミングは彼の一挙手一投足にかかっている。緊張が最高潮に達する。そこで、早川は、再び寝た。起床が始まったのは堀さんや坂野さんが起き始めた数分後だった。

以降は簡潔にまとめます。
朝食後、掃除や積み込みを済ませて第1ランウェイへ出発。ジュニアの係留を解いて24を組む。早川は開会式の準備設営のために宿舎へ。自分は書記のためピスト設営の手伝いへ。
9時半くらいにランウェイから宿舎へ戻ってスーツの靴+ズボンに6大戦Tシャツを入れるという斬新な服装に着替える。その発想はなかった。
10時に開会式開始。佐志田さんや、応援部の方々に来ていただきました。ご声援ありがとうございました!
ただひとつ養成を受けたかいもあって、昨日の時点でメロディは把握していたので歌うことができました。

その後ランウェイに戻り、準備を行い、ついに12時に競技開始!


自分は書記としてずっとピストの横に座っているという、(ずっと走りまわったり肉眼では見えないほど遠くの機体を探し続けるようなクルーと比べて)楽ポジでしたが、機体がラインナップされるたびに時計を見つめたりしてたので意外とどんな状況だったのか記憶がありませんでした。すみません。

結果として、法政が1位、東大は慶應と同立2位でした。
土本さんは高度も取り滞空もしましたが、ジュニア向きでない天候だったため残念ながら旋回点クリアはできませんでした。
東さんは、うまく1ポイントクリアに成功しました。

明日以降も試合は続きます。応援メッセージ募集中です!


剱田に続く!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
リンク
このブログをリンクに追加する
バナー
『この大空に、翼をひろげて』たった一つの青春がここに― 風戸依瑠Ver