FC2ブログ

六大戦4日目

六大戦4日目です。

本日の大会の状況。
四年生東さんがまず周回。ついで三年土本さんも周回達成。
しかし他大の期待も次々と周回してくる中で東さんは自分のタイムに不満を抱いたらしく、再び飛び出して行きました。しかしバッタ。次のフライトでも離脱後見る見る高度が落ちてゆき、またもやこのまま場周かと思われました。が、なんとかここでサーマルに入り、そのまま本日2本目の周回を達成しました。最後はジェット機かと勘違いするほどの風切り音と共にゴールイン。タイムも上がり、本日2位となったようです。

ところで、自分にとって初めてとなったこの大会の感想を少し書きます。
大会といえば同時進入が当たり前。3分ルールなどもあり、大変ぴりぴりしたもののように聞いていました。
実際参加してみると、朝の条件が上がらないときはその通りの状況でしたが、昼になって機体が浮いてしまうとヒマになり、弁当もゆっくり食べられます。撤収も早く、夕食前に機材チェックまで終わってしまう上に朝は7時過ぎまで寝ていられる。体力的にはいつもの合宿よりも楽だと思います。
まあクルーとしては飛べないんで、いくら楽でもしょうがないんですがね。


  ・・・岡本です。公式の結果が出たのでお知らせします。

<本日までの点数>
1位慶應義塾 11048点
2位法政   5248点
3位東大   5000点
4位明治   1593点
5位立教   1008点

<個人総合>
1位後藤真徹 慶應 2811点
2位星野佑介 慶應 2781点
3位船曳直志 慶應 2751点
4位三木原 法政  2748点
5位東 東大   2678点


トップとの差は約130点。まだまだ逆転可能です!!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
リンク
このブログをリンクに追加する
バナー
『この大空に、翼をひろげて』たった一つの青春がここに― 風戸依瑠Ver