FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七大戦Day0

 七大戦Day0を担当する2年の麻生です。昨年は事情により来なかったため関宿のランウェイに立ち入るのは初めてとなりました。感想としては、まあランウェイやなあって感じです。
 本日は練習日だったので四年生の複座チェックと単座チェックを行いました。単座チェックは発数の都合上長谷川さんしか行えませんでした。松崎さん船本さんは後日チェック行います。どんな一日だっかというと午前中は北風発航で曇りがちの天気で条件もしぶかったです。午後になると南風が入ってきてピスチェンしました。条件が良くなり浮いてる機体も見られました。船本さんもあがってました。LSを運ぶのしんどかった。そんな一日。
 


 では、なんでもないことを。最近は堕落した生活の中にも焦りがでてきたのか、留学とか就活とか単位、留年とかとか。そういう文字や話に敏感になってる気がします。たくさんの時間、豊富な選択肢を持つ学生をしてるとそういう話が周りでよくされる。自分もなんかせなあかんのかなっていう気持ちになってしまう。やけど、そこで全く動かないのがあそう。そういう状況の中から大事かと言われたら全然ちゃうけど忘れるのはもったいないという感じのことを書きたい。書けたらええなあ。
 話ちゃうけどこの前受験があってティッシュ配りをしてきました。大半が高校生。感想としてはおお~って感じ。そんな中でも、他大学に通いながら受験をした人が試験終了後に満面の笑みで退学届を出してこないとと言って友人と話しており、うれしい気持ちになりました。
 まだまだ七大戦は続きます。新人戦で知り合った友人も選手として頑張るみたいです。応援してます。

-船本追記-七大戦機体紹介(1)
船本が七大戦に出場している機体を紹介する、のコーナーです。一昨年書こうとして挫折したので、今年は頑張ります。
なお、今大会のこのコーナーの写真は全て船本撮影。ブログの日付とは関係なく大会終了後に書いているので撮影日はまちまちです。

1機目となる本日は、アレキサンダー・シュライハー式ASK21型・JA2333(京都21/333)です。
松崎と船本がチェックフライトでお世話になりました。

JA2333
18に進入中。

JA2333は1985年導入というASK21の中では比較的古参な機体ですが、2015年にリペイントされたばかりなので、表面はピカピカです。
塗装は私と同期の京大航空部部員が当時デザインしたもので、キャノピー周りが赤く塗られた特徴的な塗装。板倉にいたRedFoxを髣髴とさせ、見た目のインパクトでは日本のプラスティック製練習機の中では頭一つ抜き出ていると思います。

マーク
キャノピーの下

キャノピー下のラインは最近のアレキサンダー・シュライハー製グライダーに共通?の塗装。海外のASG29とかがこの塗装になっているのを写真で見たことがあります。私の周りの部員からの評判は賛否ありますが、私は好きです。

with松崎
with松崎

着陸
着陸。関宿は指定地がピストに対して少しロングめなので、こういうアングルの写真が撮りやすいです。

着陸2
正面から見ても333だとすぐ分かります。

プロフィール(JA Searchによる)
・JA2333
・アレキサンダー・シュライハー式 ASK21型
・製造番号 21234
・経歴
 1985/2/22 日本ゼーゲルが新規登録(関宿滑空場定置)
 1985/3/13 京都大学に移転登録(京都大学定置)

(2018/2/28)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
リンク
このブログをリンクに追加する
バナー
『この大空に、翼をひろげて』たった一つの青春がここに― 風戸依瑠Ver
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。