FC2ブログ

競技3日目

鷲澤です

「おりおり」、「ピス交」、「道管」などの木曽川用語にも慣れ、夜の戦いも経験しました


今日は午後から背風ぎみで、「ピス交」するとかしないとか、雨雲が近付いているとかいいながら飛ばしましたが、2ラウンド目を回しきることができませんでした

時間帯によっては風に悩まされるフライトをした選手もいましたが、僕も岡本も午前中の比較的静穏な時に飛んだため、そのような苦労はせず、無難に飛びきりました

一度、着陸機をその場にいた選手全員で取りに行ったことも…



今日の結果は明日出るので、お楽しみに


どうも 岡本です。
 今日はASK13のフライトでした。前回よりはましでしたがやっぱりすべりました。あと、高度計をこれでもかと言わんばかりに叩きました。
後席から「もうちょっと優しく叩いてあげてね。」
と言われましたが、僕はやつが憎いです。
明日も盛大に叩いてやろうと思います。

木曽川滑空場での大会もすでに5日。だいぶ慣れてきました。妻沼とは違うところもいくつか。
今日も昼休み1時間でした。
みんなでランウェイで昼寝しました。
あと、今日は背風待機30分とかいうのもありました。僕の記憶違いでなければ競技初日はもっと強い背風でも飛ばしてた気がするんですが。なんででしょうね???
写真は背風が吹いてきたのを体で感じる選手団。
20091014194415


そして、背風待機でしょうがないからランウェイでポテチをむさぼる関東の学生
20091014194405


連日他大にはたくさんの同期や先輩が応援に駆けつけています。今日は慶應の総監督までいらしてました。

競技も後半戦を迎えます。ペース的には残り3発といったところでしょうか。
自分の持てる力をフルに発揮できるよう集中して挑みたいと思います。

P.S.
 夜の新人戦は五分五分。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
リンク
このブログをリンクに追加する
バナー
『この大空に、翼をひろげて』たった一つの青春がここに― 風戸依瑠Ver