FC2ブログ

10月合宿

先日10月合宿が終わりましたので合宿の様子を報告したいと思います。

まず入り日は金曜日で平日だったので参加者が少なく少人数での作業になった上最近の傾向としてジュニアの機体組みが圧倒的難易度を持ち翼がなかなか入らない為今回も益々難航しましたが部員の必死の努力と根性と汗と涙により何とか日暮れまでに作業を完遂することができましたがこのジュニアの状態は何とかしたいと改めて感じた次第でありますがしかしW24のリペイントやハウトレの修理等他に優先して行うべき事項が在る為ジュニアの機体組み難度の鬼畜さは向後暫く続きそうですし今回の最低人数ぎりぎりで組み左翼を入れている時何と右翼が抜けそして右翼を支える人手が足りず為すすべなく左翼を一旦翼トレに戻し再度右翼を入れ直すという事態に陥った事等この入り日の苦労は筆舌に尽し難いものがありましたが格納庫に近隣の方が訪れそして楽しく会話できた事など良い事も様々あったのですが入り日の話は此の位にして僕は筆を置きたいと思いまして古川に訓練の様子は任せます。


こんにちは。古川です。
初日は朝方無風やや背風気味という状況でしたが飛ばしました。着陸時に通常の正対風の時より距離が延びるなどふだんとは異なり難しいフライトでしたがよい経験になりました。
昼前になると背風が若干増してきたのでピスチェンになりました。
さてこれで正対風の下で飛べるようになりましたが、今度は何と雨が降ってきました。雨が降りW24がずぶ濡れになってしまいました。そこで撤収後、格納庫で翼や胴体に付いた水気を拭き取りドライヤーで慎重に乾かす作業をおこないました。私たちの部の財産であるW24の寿命が縮まるのを少しでも食い止めるべく全力を尽くしました。因みに今後皆でお金を貯めてW24のダイブブレーキ修理やリペイントなどをやっていこうと計画しています。
さて話は変わって訓練2日目です。
この日は雨で中断されることなく非常に良い条件の下で訓練を行うことが出来ました。
中央21も使わせていただき学連パロマと合わせてASK21は計2機、他は学習院ジュニア、東大ジュニア、東大W24も運用しこの日はたくさんの機体での訓練となりました。
この日はやはりピスチェンがありましたがASK21が1機しかなくしかも雨撤収などのあった前日よりは発数が回り充実した訓練となりました。
次合宿11月、より効率のよい訓練を行い上達できるようがんばりたいと思います。

以上古川なつみでした。あと余談ですが来年の新歓ではがんばって女子部員をたくさん入れたいと思います!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
リンク
このブログをリンクに追加する
バナー
『この大空に、翼をひろげて』たった一つの青春がここに― 風戸依瑠Ver