FC2ブログ

3月合宿Day4

こんにちは、久しぶりの田所です。
ブログためててごめんなさい。

で、ブログに何書くか考えたんですけど合宿終わって結構経っているので何も覚えていません。

そこで他人のブログをパクるかということで淺野か柴田のブログ見たらラインのトーク晒していたので、僕もそれに便乗することにしました。

s_IMG_8339.jpg


3/23の一年グルでの会話です。
状況を軽く説明しておくと、僕はこの日昼食の弁当を頼む係だったんですが、そもそも僕は悲しいことに6回連続で昼ご飯を人数分頼めてないのです。もう病気ですね笑。
そこで同期にお弁当の個数を確認したらこの反応です。
特に萩原、何が「うんまあいいんじゃない」だよ、お前がそんな適当に反応するからまた個数間違えたじゃん、俺30分も考えたんやぞ、これで7回連続やぞ

なんかもう締めるタイミング逃したのでこの辺にしときます。

3月合宿 Day3

本日は3月合宿Day3、担当一年柿原です。

今朝はどんよりと曇っていましたが、準備をしていくうちにだんだんと晴れ間が見えました。しかし…発航を開始するときには風が強まり、3発飛ばしたところで強風のため訓練が一時中止になってしまいました。
幸運にも昼すぎには風が少し弱まり、訓練を再開することができました!
上空では、+2~+3のサーマルがあったりしたおかげで、皆比較的滞空していた印象でした。

しかし、楽しかったのはこの辺りまで。

夕方の撤収の時間帯は風の強さが弱まらず、また、日が落ちてきたことで急激に寒くなったため、一気に冬の気候へと逆戻りした感覚でした。特に前日は気温が高く、今日も薄着を着てしまい、より一層寒さを感じました。

今日は日中は暖かったのですが、明日は日中から寒い予報が出ているので、とても不安です。
防寒はしっかりとして訓練したいと思います!

3月合宿 Day2

3月合宿 Day2

こんにちは!
今日は朝からどんよりとしていて、悪天候の到来が予想される空模様でした。
午前中はぽつぽつと雨が降る場面がありましたが、昼前からは天気も回復し、あたたかく快適な訓練ができました!

今日はめでてえことがありました。

川上先輩の1st LS

IMG_2565.jpg


おめでとうございます!
はやく単座機に乗りたいなぁ......

続きを読む »

3月合宿Day1

こんにちは。もうすぐ2年生になる赤川です。3月合宿Day1の様子をお伝えします。
今朝は猫の鳴き声で目覚めました。朝から心が癒されました。(この猫の名前は諸説あって正解がわからないです)

その後部屋に侵入して居座ったため連れ出される猫
20190320221831efd.jpeg


今日は比較的条件もよく、滞空する機体が多かったです。僕も30分ほど滞空できて、良い練習になりました。

一時は全機滞空してました
20190320221916b7c.jpeg


無線トラブル等はありましたが、穏やかで”普段の妻沼”って感じの1日でした。
明日は某某某に会えるかもしれないということで、ファンでもなんでもないですが楽しみです。
それではおやすみなさい。
20190320221953dde.jpeg


〜余談〜
最近の妻沼トレンドファッションは、ドリーコルセット!このまま機体取りに行けます。
2019032022185015b.jpeg

20190320221900b7b.jpeg

3月合宿Day0

柴田です。大会も終わって1ヶ月ぶりの合宿です。
本日のタスクには複座機の機体組みが2機とJr.の組みがありました。
淺野と柴田は今回初めて複座機のメインピンを入れました!
翼端保持者の負担が大きいので、なるべく早くメインピンを入れたいものですが、結構難しいですね…

s_IMG_2025.jpg

早くピンを入れろという圧が伝わってきます。ごめん。

s_IMG_2028.jpg

複座機はメインピンの他に後縁ピンもあって、今回はそれも入れさせてもらえました。
魔法の言葉は上反前進。本当に入ってびっくりしました。

s_IMG_2026.jpg

機体組み終了後、パロマの耐空検査フライトがありました。松澤先輩とのじゃんけんの結果、柴田はバラストがわりに後席に乗ることができました。やったあ。
初めて乗った時の気持ちを思い出して楽しいフライトでした。

また夜には3年津田先輩の1st LS めでてぇがありました!津田先輩、おめでとうございます。
妻沼ではなかなか食べられないイチゴやパイナップル、ブドウがふるまわれました!幸せ〜。

s_IMG_1946.jpg


1年最後の合宿、頑張ります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
リンク
このブログをリンクに追加する
バナー
『この大空に、翼をひろげて』たった一つの青春がここに― 風戸依瑠Ver